【Word・ワード⑩】いまさら聞けない印刷機能と用紙・余白の設定

スポンサードリンク
Microsoft Wordの基礎について1から説明していきます。今回は、「Wordで文書を作成して印刷してみよう」です。

第10回:文書の作成と印刷 その5

 

ワード文書を印刷してみよう

 

こんにちは。本日はようやく印刷の説明に入りたいと思います。

印刷っていうと、プリンタが使いこなせればいいからワードの使い方なんてあんまり関係ないんじゃないかって思うかもしれませんね。

でも、きれいに、かつ使い勝手良く印刷するためには、やっぱりワードの印刷機能については理解しておくことをおすすめします。

 

ワードの印刷では、印刷前に、印刷イメージを確認(プレビュー確認)をすることができます。

ここで、余白やページの向き、サイズなどを調整して、いざ印刷を実行しましょう!

 

1.印刷を行うには

 

まずは、印刷したい文書を開きましょう。

印刷機能は、「ファイル」タブの中に入っていますので、ファイルタブを選択します。

情報ウィンドウに切り替わりますので、真ん中あたりにある「印刷」をクリックします。

w52

 

 

そうすると、印刷用のウィンドウに切り替わります。

ウィンドウ右側にはプレビューが表示されますので、まずはイメージ通りに印刷ができそうかを確認しておきましょう。

複数ページある場合は、ページを繰るように『◀』『▶』をクリックすれば1ページずつ表示できます。

プリンタの設定(カラー/モノクロ)を先に行っておくとイメージがよりわかりやすくなりますよ(=゚ω゚)ノ

 

プレビューの結果で物足りない時や、印刷の設定をしたいときは、左側の「設定」にある機能を使います。

左側の「設定」では、以下のような設定ができます。

印刷するページ(文書すべて/指定するページ/表示しているページ/指定した範囲のみ)を設定できます。

・印刷方法を、片面ずつか、両面印刷かを設定できます。 ※両面印刷の方法は使用するプリンタに依存します。

・主に複数部数を印刷する場合において、部ごとに印刷するか、ページごとに印刷するかを設定できます。

用紙の向き(縦/横)を設定できます。

用紙のサイズを設定できます。 ※指定できる用紙サイズは使用するプリンタに依存します。

余白の範囲を設定できます。

・必要に応じて、分割印刷(用紙1枚に対して、2ページ、4ページ、6ページ、8ページ、16ページ)を設定できます。

設定が終わりましたら、部数を設定して「印刷」アイコンをクリックすると印刷ができます。

w53

 

 

あなたの印刷はうまくいきましたでしょうか?

プレビューがあっても一度でうまくいかないこともあるかもしれませんが、めげずにいろいろと設定を試してみましょう。

印刷機能は、パターンを覚えると決して難しくないですから。

 

次回からは、文書をもっと装飾できるようになるための機能について説明していきますね。

お楽しみに。

 

スポンサードリンク
PREV:【Word・ワード⑨】いまさら聞けない箇条書きと段落番号の設定
NEXT:【Word・ワード⑪】いまさら聞けないフォントの種類とサイズ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です