公式チケットトレードリセール『チケトレ』の評判や効果とデメリットは?

スポンサードリンク
何を今さらって思っちゃったんですが、ライブや試合、演劇等のチケットの不正な高額転売撲滅を目的とした、公式のチケット再販サービスについて、業界4団体主催でチケット販売大手のぴあが運営する「公式チケットトレードリセール『チケトレ』」が本日5月10日昼12時にプレオープンしましたね。「公式」を使うメリットがあるのか?効果があるのか?評判は?気になりますよね。

とっくに実在していておかしくないシステムが今頃導入されたということは・・・
うまくいくかどうか、もう結果は自ずと見えていますよね( *´艸`)

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
何を今さらって思っちゃったんですが、ライブコンサートやスポーツの試合、演劇等のチケットの不正な高額転売撲滅を目的とした、公式のチケット再販サービスについて、業界4団体(日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会)が主催し、チケット販売大手のぴあが運営する「公式チケットトレードリセール『チケトレ』」が本日5月10日昼12時にプレオープンしましたね。
 
 
 
チケット販売業界お墨付きである、「公式」という、あたかも黄門様の印籠のような仕組みだと思うのですが、果たして今、その仕組みを使うメリットがあるのでしょうか?
 
チケトレを普及浸透させることに対して効果はあるのでしょうか?
プレオープンに伴い、利用者の評判はどうなのでしょうか?
気になりますよね。
 

 

「チケトレ」の本来の目的や使い方は?

チケトレの本来の目的は、やむを得ない理由でコンサートなどに参加できなくなったユーザーのチケットを、参加を希望するユーザーへ額面通りで譲り渡す(再販売する)ためのものです。
これまでも定額リセールの仕組みをもっていたチケット販売業者もありましたが、業界団体が共同で同じ仕組みを展開するというのは初めての試みになります。
 
このチケトレは、初回利用時に、身分証明書の提出や写真のアップロードなどの本人確認を行えば誰でも使える仕組みです。
 
チケットを出品したい人は、手数料を除くチケット代金相当で出品し、買い手がついたらチケットを発送します。
チケットを買いたい人は、運営事務局にチケット代金と手数料を支払い、出品者からのチケット発送を待ちます。
 
メルカリやってる人なら違和感ない仕組みかもしれませんが、メルカリと大きく違うのは、チケット代は出品者にすぐに渡さず、公演終了4日後まで運営事務局が預かる仕組みになっているのです。
 
これは出品者の持ち逃げを防ぐこともできますし、また、購入者がチケットで指定したライブや試合会場に入れなかったときや公演そのものが中止になった場合は、購入者に全額保証することになっています。
 
 
少なくとも、「不正防止」「購入者保護」という点に関しては、チケトレ経由でのチケット売買にメリットがあるかもしれませんね。
 
 

「チケトレ」のデメリットは?

チケトレのデメリットは、手数料など販売コストの高さに問題があると言われています。
 
出品者側の手数料は、取引手数料(チケット券面金額の10%、3999円以下の場合は一律400円)とシステム手数料(送金時の手数料として380円)、チケット配送費を支払わなくてはなりません。
仮に5000円のチケットの販売が成立するとなると、少なくとも1000円(20%)程度のコストがかかってしまいます。
 
購入者側の手数料は、取引手数料(チケット券面金額の10%、3999円以下の場合は一律400円)とシステム手数料(決済時の手数料としてチケット券面金額の3%)を支払うことになります。
仮に5000円のチケットを購入すると取引手数料500円とシステム手数料150円の650円と、10数パーセントのコストを余計に支払うことになり、5650円でチケットを購入することになります。
 
すでに、「チケットキャンプ」などといった、「チケトレ」よりも手数料が低いチケット売買サイトが存在していますので、チケトレのような後発サイトで手数料が高いとなると今のままの浸透は難しいのではないかと考えます。
 
 

「チケトレ」の正式オープンは6月1日です。

「嵐」や「氣志團」、「きゃりーぱみゅぱみゅ」に「Mr.Children」など116組のアーティストが転売NOに賛同していますので、彼らのファンはこれに賛同して「チケトレ」を使うかもしれません。
 
しかし、そもそも出品者はどんな事情であれ少しでも多くの利益を得たいと考えるでしょうし、入金も公演終了4日後以降になるなど、出品者に不利なこれらの仕組みにはチケットは流通しないのではないでしょうか。
別にチケトレ以外の転売を禁止しているわけでもないですし、当日会場で調達するほうが本当に行きたい人が相手だから話が手っ取り早いと考えるのではないでしょうか。
 
購入者からしてみると、これでは思っていた以上にチケットが流通しないため、役に立ちません。
本当に行きたいのに、チケットが取れない・・・
だから従前からある転売の仕組みを利用してチケットをゲットするしかない・・・
 
特に出品者については、手数料をボランティア運営レベルにまで引き下げるか、この「チケトレ」以外でのチケット転売を全面禁止にしない限り、この「チケトレ」は浸透しないでしょう。
 
購入者の立場で言えば、長い目で見て、まずはチケット購入の選択肢が1つ増えた、ぐらいの気持ちでいればいいと思いますよ。
 
 
そして、最近はアニメ界の長寿イベント「アニサマ2017」の前売りで大盛り上がり中ですよね。
 
 
アニサマのチケットが買えなかったときにも、このチケトレで探したら見つかるかも(*´▽`*)
 
「チケトレ」、覚えておきましょうね!!
 
スポンサードリンク
PREV:ほっとけないよ楠瀬誠志郎が再始動!動画あり!声楽や楽曲提供で有名
NEXT:タミヤ社長の病名や後継者について!家系図も【プラモ・ミニ四駆】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です