【EXCEL関数③】TODAYとWEEKDAYとDATESTRINGの使い方

スポンサードリンク
EXCELで使う日付に関する便利な関数についてご紹介します。

集計に使える関数、『SUM』『SUMIF』『SUMIFS』の使い方は前回のブログを見てね。

集計に使える関数、『SUBTOTAL』『SUMPRODUCT』『ROUNDDOWN』の使い方は前回のブログを見てね。

 

 

2.日付や時間の集計に関する関数 5個

 

Microsoft EXCELでは一覧表や帳票を取り扱うことが多いため日付を入力しなければならないシーンは多々あると思いますが、日付をいちいち毎回すべて手入力していくのは非常に面倒ですよね。

 

ここでは『TODAY』『WEEKDAY』『DATESTRING』『WORKDAY』『NETWORKDAYS』という日付や時間の集計に関する5つの関数をご紹介します。

この5つを覚えれば、きっと日付の入力に悩まされることもかなり少なくなると思いますよ。

 

 

①『TODAY』:現在の日付を求める関数

現在の日付(YYYY/MM/DD)を表示する関数です。

 

使用方法:TODAY()

※カッコの中には何も入力しません。

 

使用例:請求書の日付を現在の日付にする。

⇒請求書のH1セルに、請求書の発行日を登録する計算式を入力します。

=TODAY()

 

すると、H1セルに現在の日付(YYYY/MM/DD)が表示されます。

 

 

13  

                 ↓

14

 

注意事項:

・TODAY関数は、常に現在の日付を表示する関数ですので、日付の情報を保存できません。つまり、ファイルを開くたびに日付の情報が更新してしまい、日付を固定することができません。用途をよく考えてから扱ったほうがよい関数だと思います。

※都度最新の日付で管理したい帳票には有効ですが、取引先への依頼書類など、日付が自動更新されると都合の悪いものにはTODAY関数を多用するのは避けましょう。せっかく勉強して覚えた関数の誤用が仕事上のつまらないミスにつながってしまいますよ!!

 

参考:

現在の日付+時刻を求めたい場合は、『NOW』関数を使用できます。

使用方法:NOW()

※NOW関数の場合、"YYYY/MM/DD HH:MM”という表示になります。

 

 

②『WEEKDAY』:日付から曜日を求める関数

日付から曜日(を示す数値)を表示する関数です。

#曜日を数字で表す必要のない人は、この関数は覚えなくてもよいと思います。

 

使用方法:WEEKDAY(曜日を取り出したいセル,1)

※カンマの後に、ここでは"1”で固定しましたが、"0"や"2"を指定する使い方もあります。(その場合、以下で示している、出てきた値が示している曜日が変わります。)

 

出てきた値の示す曜日は以下の通りです。

1:日曜日

2:月曜日

3:火曜日

4:水曜日

5:木曜日

6:金曜日

7:土曜日

 

使用例:月間予定表に日付の値を追加する。

⇒『8月度予定表』を使用します。C列に日付が入っていますので、この情報をもとに、D列に曜日を示す値を表示する関数を使った計算式を入力します。

=WEEKDAY(C4,1)

 

すると、E4セルには、月曜日を示す"2"が表示されました。

 

15

                    ↓  

  16

 

 

③『DATESTRING』:日付を和暦で表示する関数

指定した日付について、和暦を示す文字列に変換する関数です。

「2016年って平成何年だっけ?」というときに便利な、ビジネスシーンあるあるの関数ですね。

 

使用方法:DATESTRING(表示する日付)

※EXCELでは通常、日付は西暦表示されます。

 

使用例:請求書の日付を西暦で表示する。

⇒先ほどは、『TODAY』関数を使い、H1セルに、=TODAY() という計算式を入れることで日付は西暦で表示されました。

これを和暦で示すためには、以下のような関数を使った計算式を入力します。

=DATESTRING(TODAY())

 

すると、H1セルには日付が和暦(平成YY年MM月DD日)で表示されるようになりました。

 

17  

                    ↓

 18

 

残りの2つの関数については、次回ご紹介します。

 

スポンサードリンク
PREV:【EXCEL関数②】SUBTOTALとSUMPRODUCTとROUNDDOWNの使い方
NEXT:【EXCEL関数④】WORKDAYとNETWORKDAYSの使い方

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です