【EXCEL・エクセル㉔】簡単!5分でわかるじょうごグラフの作り方

スポンサードリンク
EXCELのグラフ作成について説明します。今回はじょうごグラフについて説明します。

第24回:グラフの作成について(じょうごグラフ編)

 

じょうごグラフの作り方を覚えましょう!-そもそも、じょうごグラフって何?!

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
今日はじょうごグラフです。
もしや、じょ、じょうごって・・・
 
2nky73003_3
 
そうそう。振付師のラッキィ池田さんが頭にかぶっていたやつで、お花に水をやるときのソレ・・・って、
 
いいえ。これは『じょうろ』です。
勘違いしていませんでしたか?
 
 
正解はこちらですよ。
0900660
 
この形状からもわかるように、大きな淵から、先端に沿ってだんだん狭まっていく様子を表す、そんなグラフになりそうですね。
 
"じょうろ"も"じょうご"も仲間じゃないかと思った人・・・
いいえ。それも勘違いです(笑)
 
 

◆じょうごグラフについて

 
じょうごグラフは、合計すると 100% になるデータについて、じょうご型で表示できるグラフです。
100%の状態から、プロセスに沿って徐々に減っていく段階を表すようなときに有効なグラフです。
最初の、100%の状態が基準になるグラフですので、このグラフでは軸は自然に1つに決まっていきます。
 
 
では、早速作ってみましょう。
 
グラフ元の表としては、下図のような『案件進捗表』がわかりやすいでしょう。
"ターゲット300件"、これが最初の100%の状態を表しています。
"ターゲット300件"に対して、"商談"まで進んだのは300件中○○件、ここから"役員プレゼン"まで進んだのは△△件で、実際に"受注"できたのは□件・・・
こういったステータスごとの状況(進捗度合)がわかるように、「じょうごグラフ」で表してみましょう。
 
グラフの作成までの手順は、もうわかりますよね。
 
12-1
 
12-2
 
確かに、きれいな"じょうご"型のグラフができましたね。
(これが本物の「じょうご」だったら、水の流れ方は悪いと思いますが・・・)
 
もちろんグラフはグラフ元の表のデータから作られた『結果』ですので、データの値を整形(ねつ造?!)しない限りは形は選ぶことはできません。
ですから、"きれい"なグラフも、"いびつ"なグラフもご愛敬ということで。
気に入らなければ、見た目を変えるか、グラフを変えるしかないのですよ。
 
12-3
↑ちょっと見た目を変えてみました。
ちゃーこさん的には、これなら「横棒グラフ」で表現するほうが好きです(笑)
このように、見た目を変えてみると、他のグラフとの違いや、代用できるグラフがあるかどうかなど、ちょっとした考えるヒントにもなりますよ。
 
 
次回は、グラフの最後、「組み合わせ」をご紹介します。
「○○グラフ」と「○○」グラフを1つにあわせると・・・どうなるのでしょうか?!
 
グラフの考え方が格段にレベルアップできるかもしれませんね。
 
次回も、おたのしみに。
スポンサードリンク
PREV:【EXCEL・エクセル㉓】簡単!5分でわかるウォーターフォールの作り方
NEXT:【EXCEL・エクセル㉕】簡単!5分でわかる組み合わせグラフ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です