【Word・ワード③】いまさら聞けない!リボンとタッチモード

スポンサードリンク
Microsoft Wordの基礎について1から説明していきます。今回は、「Wordを使ってみよう」です。

第3回:Wordを使ってみよう その2

 

Wordの各機能構成とルールを覚えましょう

 

今回もWordの画面構成の続きを説明していきましょう。

今回は、「リボン」「タッチモード」について説明します。

 

1.リボンについて

 

前回の画面構成の説明にて「タブ」について説明しました。

タブの中にはいろいろな機能が構成されていますが、その各機能群の右下には矢印アイコン「↘」があります。

これを「リボン」といいます。

w6

 

リボン「↘」をクリックすると、その機能の詳細ウィンドウが表示されます。

タブの中に表示されていなかった機能は、このリボンをクリックすることで機能アイコンが表示され、使えるようになります。

例えば、ホームタブの中にあるフォント機能のリボンをクリックすると、次のようなウィンドウが表示されます。

w7

Sponsored Links

 

2.タッチモードについて

 

タッチモードとは、タッチ機能に対応した端末で操作するのを目的に、指や専用のタッチペンでクリックしやすいようにコマンドアイコンの間隔を広げ、機能エリアが拡大された機能モードです。

 

タッチモードは、「クイックアクセスツールバー」の中に機能が含まれています。

クイックアクセスツールバーをクリックし、「タッチ/マウスモードの切り替え」を選択します。

※タッチ利用に対応したタッチモードに対し、通常モードを「マウスモード」と呼びます。

w8

 

 

クイックアクセスツールバーの中に「タッチ/マウスモードの切り替え」の切り替え用アイコンが表示されていますので、『マウス』アイコンをクリックすると、マウスモードの表示になります。

w9

 

 

タッチモードを選択すると、アイコン間隔が広がり、機能エリアが拡大されます。

例えば、タッチモードのままホームタブをクリックすると、次のような表示になります。

w10

 

 

通常のマウスモードだと、次のような表示になります。

同じホームタブをクリックしましたが、タッチモードと比べるとアイコンの間隔が狭まっており、機能エリアも小さいのがわかりますね。

こうやって比べてみると、マウスモードではマウスの代わりに指でタッチしてクリックするにはしんどいと思います。

タッチ機能に対応している人は、ぜひタッチモードを使ってみましょう。

 

※タッチモードでは、通常マウスモードで表示している機能が一部表示されない場合があります。

その場合は、リボンをクリックすれば別ウィンドウですべて表示されますので覚えておきましょう。

w11

 

画面構成についての説明は以上です。

次回からは、実際に文字の入力を行っていきます。

次回もお楽しみに。

 

スポンサードリンク
PREV:【Word・ワード②】いまさら聞けない!ワードの起動と画面構成
NEXT:【Word・ワード④】いまさら聞けない!ワードによる文字の入力

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です