【Word・ワード⑦】いまさら聞けない文字の配置と段落、タブ、割付

スポンサードリンク
Microsoft Wordの基礎について1から説明していきます。今回は、「Wordで文書を作成して印刷してみよう」です。

第7回:文書の作成と印刷 その2

 

簡単なビジネス通知文書に使う文字列の配置ルールを覚えましょう

 

前回は、行数や文字数、余白といった、ページ単位での設定について説明しました。

今回は、ページの中の一部について設定できることを説明していきます。

 

 

1.文字列の配置変更について

 

ビジネス文書を書く場合、一般的には日付や自分の社名はページ範囲の右に揃え文書のタイトルは中央揃えにするなど、いくつかの決まりに沿って書かなければなりません。そのやり方について説明します。

 

まず、何も知らないと次のような文書になります。

左揃えにはなっているが、これではビジネス文書としてルール違反です。もらったほうがガッカリですよ。

w27

 

 

ホームタブを選択します。

真ん中あたりに「段落」機能がありますので、これを使用します。

w28

 

 

日付と自分の社名など、右揃えにするためには、右揃えしたい文字列にカーソルを持っていき、左から3個目(線が右端に揃っているアイコン)をクリックします。

タイトルなど、中央揃えにするためには、中央揃えしたい文字列にカーソルを持っていき、左から二番目(線が中央に揃っているアイコン)をクリックします。

何もしない場合は、両端揃え(文字と余白を均等に配置する)になります。

w29

Sponsored Links

 

2.タブと均等割り付けについて

 

文を箇条書きにするなど、各行の文頭が揃っているときれいですよね。先頭の文字を揃えたい場合は「タブ」を使うと便利です。

また、異なる文字数でも同じ幅に揃えておくときれいに見えますよね。そのような場合は、「均等割り付け」を使うと便利です。

 

タブ機能など何も使わずにそのまま箇条書きした場合は次のようになります。

できれば数字は揃えたいですよね。

w30

 

 

タブで揃えたい文字にカーソルを持っていき、[Tab]キーをクリックします。

2行目以降も同じように[Tab] キーを使うと、同じ位置で文字を揃えることができます。

w31

 

 

タブを使って移動できるのは全角4文字です。しかし、タブ位置をあらかじめ設定してからタブを挿入することも可能です。

そのためには「水平ルーラー」を使用します。

表示タブを選択し、『ルーラー』にチェックを入れると水平ルーラーが表示されます。

w32

 

 

水平ルーラー上をクリックすると、クリックした位置にタブマーカーが表示されます。

w33

 

 

タブマーカーでクリックした位置をドラッグすると、ドラッグ後の位置にタブの文字列を揃えることができます。

w34

 

 

また、文字を均等に割り付けるには、「均等割り付け」の機能を使用します。

ホームタブを選択して、「均等割り付け」のアイコンをクリックします。

w35

 

 

"提案書"、"カタログ"、"見積書"、"委任状"の中で一番文字数の多い"カタログ"の4文字に合わせるよう、4つの各々の文字列に対して文字の均等割り付けを行っていくと、次のように文字が同じ幅で均等に配置されるようになります。

w36

 

今回は「タブ」と「均等割り付け」について説明しました。

次回もまた設定機能の説明をしていきます。

それでは、また。

 

スポンサードリンク
PREV:【Word・ワード⑥】いまさら聞けないレイアウト設定と用紙サイズ
NEXT:【Word・ワード⑧】いまさら聞けないインデント(文字の字下げ)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です