【Word・ワード⑬】いまさら聞けないワードアートと囲み線の作成

スポンサードリンク
Microsoft Wordの基礎について1から説明していきます。今回は、「Wordの文書をデザインしてみよう」です。

第13回:文書のデザイン その3

 

ワードアートを作成してワード文書の見栄えを工夫してみよう

 

こんにちは。

前回は文字に太さや傾きをつけたり、色を付けたりする方法について説明しました。

今回は、文字を図形のように装飾できる「ワードアート」機能について説明していきます。

 

 

1.ワードアートの作成について

 

文字をデザイン化してオブジェクト図形として作成する機能を「ワードアート」といいます。ワードアートは、既存のデザインから選択でき、効果的な文字図形として作成されます。

ワードアートを適所に入れると、案内状やデザインカードなどの見栄えがグッと向上します。

ただし、ビジネス文書としてはワードアートの使い道はあまりありません。

社内で見かけるとしたら、"ウォーキング大会のお知らせ"みたいなものぐらいでしょうか。

 

ワードアートを作成するには、「挿入」タブを選択し、まずは、ワードアートを作成したい文字列の範囲を選択します。

そして、そのままテキストダイアログにある「ワードアートの挿入『A』」をクリックします。

w62

 

 

作成したいワードアートを選択すると、選択した文字列のワードアートが作成されます。

挿入したい場所にうまく入らなければ、ワードアートのサイズ(フォントサイズ)を変更したり、文字列の改行する場所を変えるなどしてみましょう。

w63

 

 

ワードアートは、あとから作成することもできます。

「ワードアートの挿入」アイコンをクリックして、その中にワードアートにしたい文字列をあとから入力することで同じようにワードアートを作成することができます。

w64

 

Sponsored Links

2.囲み線と背景色の設定について

 

ワードアートのような図形オブジェクトではありませんが、文字に囲み線背景色をつけてワードアートのように装飾する方法について説明します。程度によってはビジネス文書にも利用できるかも。

 

段落に囲み線や背景色をつけるには、「ホーム」タブにある罫線アイコン右の『▼』をクリックします。

その中にある「線種とページ罫線と網掛けの設定(O)」をクリックします。

w65

 

 

囲み線を設定するには、「罫線」タブを選択します。

まず、罫線の種類については『囲む(X)』を選択します。

次に、囲み線の種類と線の色、線の太さを選択します。

最後に、囲み線の設定対象範囲について、『段落』を選択します。

w66

 

 

背景色を設定するには、「網掛け」タブを選択します。

ここで背景の色と網掛けを設定し、OKをクリックします。

w67

 

 

囲み線と背景色を設定すると、次のような装飾ができるようになります。

ワードアートほどくだけた感じにならず、ほどほどの装飾にはなりそうですね。

w68

 

以上でワードアートと囲み線と背景色の説明を終了します。

次回は段組みや縦書きなど、文書のレイアウトについて説明していきますのでよろしくお願いします。

 

スポンサードリンク
PREV:【Word・ワード⑫】いまさら聞けないフォントデザインの変更
NEXT:【Word・ワード⑭】いまさら聞けない段組み設定と縦書き設定

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です