【Word・ワード⑮】いまさら聞けないヘッダーとフッターの設定

スポンサードリンク
Microsoft Wordの基礎について1から説明していきます。今回は、「Wordの文書をデザインしてみよう」です。

第15回:文書のデザイン その5

 

文書の余白部(ヘッダーとフッター)を使ってみよう

 
こんにちは。
今回は文書の本文ではなく、余白の部分の活用について説明していきます。
 
ワード文書のページの上下部の余白部分には、例えば、日付やタイトル、ページ番号など、本文とは別に文字列を挿入することができます。この余白部について、上にあるものを「ヘッダー」、下にあるものを「フッター」といいます。
 
ヘッダーやフッターに文字列を挿入するためには、「挿入」タブにある、『ヘッダーとフッター』にある機能を使用します。
w77
 
 
◆例えば、フッターにページ番号を挿入するには、
①「挿入」タブにある『ページ番号』アイコンをクリックします。
②『ページの下部(B)』をクリックし、ページ番号を挿入する書式を選択します。
w78
 
 
③そうすると、ページの下部(フッター)にページ番号が振ることができました。
 
先頭のページを"❶"として、各ページに順に番号が振られています。
先頭ページを表題にするなど、先頭ページにページ番号を振りたくない場合は、「ヘッダー/フッターツール」のデザインタブにある『先頭ページのみ別指定』にチェックを入れることで、2ページ目を"❶"としてページ番号を振ることができます。
w79
 
Sponsored Links

 
◆例えば、ヘッダーにタイトルを挿入するには、
①「挿入」タブにある『ヘッダー』アイコンをクリックします。(※フッターに挿入する場合は『フッター』を選択します。)
②ヘッダーに挿入するデザインを選択します。
w80
 
 
③ヘッダーのエリアにヘッダーの書式(ヘッダーデザイン)が挿入され、ヘッダーの編集モードになっていますので、ヘッダーに文字を直接入力します。
④また、日付のあるヘッダーデザインを選択している場合は、日付カレンダーをクリックして日付を挿入することもできます。
 
編集が終わりましたら、右上にある「ヘッダーとフッターを閉じる『✖』」アイコンをクリックすると通常モードに戻ります。
 
w81
 
 
挿入したヘッダーやフッターを削除したいときは、「挿入」タブにある『ヘッダー』もしくは『フッター』の削除したい方のアイコンをクリックし、その中にある『ヘッダーの削除(R)』または『フッターの削除(R)』をクリックしましょう。
 
 
5回にわたって行いました文書のデザインについての説明は今回で終わりです。
次回からは、「イラスト・画像・図形の挿入と編集」について説明していきます。
文書としてもうひと工夫加えたいときに役立つ機能だと思いますので、これもぜひ覚えてくださいね。
 
それでは、また次回をお楽しみに。
 
スポンサードリンク
PREV:【Word・ワード⑭】いまさら聞けない段組み設定と縦書き設定
NEXT:【Word・ワード⑯】いまさら聞けないイラストの検索と挿入

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です