【Word・ワード⑰】いまさら聞けない画像の挿入とアート効果

スポンサードリンク
Microsoft Wordの基礎について1から説明していきます。今回は、「Wordの文書にイラストや図を組み込んでみよう」です。

第17回:イラストや画像、図形の挿入・編集 その2

 

ワード文書に自分のPCに保存している画像を取り入れてみよう

 
こんにちは。
前回はイラストの挿入について、Bingイメージ検索を使ってインターネット上のイラストを検索する方法について説明しました。
今回は、自分でPCに保存しておいた写真や画像のファイルをワード文書に挿入する方法について説明していきます。
 
 

1.画像の挿入について

 
ワードの文書に画像を挿入するためには、「挿入」タブにある『画像』アイコンをクリックします。
w89
 
 
画像の入っているフォルダにパスを移動させ、挿入したい画像ファイルを選択し、挿入をクリックします。
w90
 
 
そうすると、次のように画像を挿入することができます。
挿入した画像を縮小(拡大)するには、画像の右下をクリックし、左上方向に矢印をドラッグします。(拡大する場合は、ドラッグさせる方向は右下方向です。)
また、画像の配置を編集するためには、画像の右横にあるアイコンをクリックします。
w91
 
 
Sponsored Links

 

2.挿入した画像のスタイルを設定する

 
ワードには、挿入した画像に対して枠をつけたり形状を変えたりする図のスタイル設定機能があります。
 
画像のスタイルを設定するためには、設定したい画像をクリックし、「書式」タブにある『その他』を選択します。
w92
 
 
図のスタイル設定のテンプレートが出てきますので、マウスを移動させてプレビューを見ながらどのテンプレートが良いか選んでみましょう。
クリックすると、選択した画像にスタイルが設定されます。
w93
 
 
挿入した図は、明るさを調整したり、色のトーンを修正したり、図にアート効果をつけることができます。
図ツールの「書式」タブにある『調整』機能を使用します。
w94
 
 
画像の明るさや精度を変更するためには、『修整』アイコンをクリックし、プレビューを見ながら変更したい度合の画像を選択します。
w95
 
 
画像の色や色のトーンを変更するためには、『色』アイコンをクリックし、プレビューを見ながら変更したい度合の画像を選択します。
w96
 
 
画像にアート効果をつけたい場合は、『アート効果』アイコンをクリックし、プレビューを見ながら設定したい度合の画像を選択します。
w97
 
 
画像の不要な背景を削除するためには、『背景の削除』アイコンをクリックします。
背景を保持したい領域をマウスでドラッグして選択し、『変更を保持』アイコンをクリックすると、不要な背景が削除されます。
w98
 
 
挿入した画像には、後からいろいろと加工修整ができることがわかりましたね。
次回は、ワードの図形機能について説明します。
ワードの機能を使って作った図形でも、十分手の込んだ文書に仕上げることができると思いますよ。
それでは、次回をお楽しみに。
またね。
 
スポンサードリンク
PREV:【Word・ワード⑯】いまさら聞けないイラストの検索と挿入
NEXT:【Word・ワード⑱】いまさら聞けない図形の描画と挿入

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です