【EXCEL・エクセル②】簡単!5分でわかるセルの使い方

スポンサードリンク
EXCELワークシート上のセルの扱いについて説明します。

第2回:セルについて

 

EXCELのセルに文字を入力してみよう

 

こんにちは、ちゃーこさんです。

5分でわかるエクセルシリーズの2回目ですね(*´ω`*)

 

前回は、エクセルのブックとシートについて説明しましたね。

シートの中のマス目の1つが「セル」であり、エクセルを使う時はこのセルの中に

文字や数値を入力していきます。

 

それでは、早速EXCELのセルを1つ選んで、早速セルの中に文字を入力してみましょう

 

すると何文字か打った時点でセルから文字がはみ出てしまいましたね。

101

 

これだけでEXCELダメじゃんなんて思っちゃう人はいないとは思いますが・・・

 

うーん、これでは見た目が良くないですよね。

しかも、同じように隣のセルにも入力したら文字が重なってしまってしまうかも・・・

なんて考えたらゾッとしちゃいます。

 

それでは・・・、セルに文字を見栄え良く収めるにはどうしたらよいでしょうか?

 

とりあえず3択で考えてみることにしましょう。

1.文字を小さくする

2.セルを広げる

3.無理してセルの中に埋め込む

 

・・・勘のいい人はもう気づいてるかもしれませんが、コレ、実は3つとも正解なのです。

 

使う人の都合にあわせてくれるなんて、気が利くというか、健気というか。

こんなエクセルがちょっと好きになってきませんか?

 

Sponsored Links

◆文字を小さくする方法

これは前回のおさらいでもありますが、もう一度説明しますね。

101-1

①フォントサイズ(F)に入っている数字を、「▼」をクリックして変更します。

※フォントの種類によって、フォントサイズは微妙に違ってきます。

仮に文字数に合わせてあらかじめセルのサイズを決めておいたとしても、フォントの種類が変わると

同じ文字数がセルの中に入らなくなるかもしれません。(反対に、セル内に入る文字数が増える場合もあります。)

 

◆セルを広げる方法

これはセルのサイズ(幅)を大きくすることで、セル内に文字が入りきるようにする方法です。

 

①広げたいセルの列の右側先頭を左クリックし、そのまま右側にドラッグします。

102

 

 

◆無理してセルの中に埋め込む方法

セルの幅に合わせて、自動的に文字のサイズを変更して表示する方法です。

 

①変更したいセルを選択して「右クリック」します。

②「セルの書式設定(F)」を選択します。

③「配置」タブをクリックします。

④真ん中あたり、文字の制御のところにある、「縮小して全体を表示する(K)」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

101-2

101-3

↑ セルの中に無理やり文字が入りました。でも、ちょっと窮屈な感じがしますね。

 

これで文字をセルに収める3つの方法について説明しました。

ちなみに、「縮小して全体を表示する(K)」の1つ下に「セルを結合する(M)」というのが

あるのに気がつきましたでしょうか?

 

実は、これを選択してもセルの中に文字を収めることができます。

ただし、この「セルを結合する(M)」については、複数のセルを使うことになります。

何やら先ほどの「2.セルを広げる」と「3.無理してセルの中に埋め込む」の合わせ技

みたいな感じがしますね・・・

 

 

◆セルを結合して文字を埋め込む方法

①1つのセルをクリックし、結合したい複数のセルにそのままドラッグします。

②ドラッグしたセルの上で「右クリック」し、「セルの書式設定(F)」を選択します。

③「配置」タブをクリックします。

④真ん中あたり、文字の制御のところにある、「縮小して全体を表示する(K)」と「セルを結合する(M)」の両方にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

101-4

101-5

↑ なんと、2列2行分のセルを結合して文字を収めることができました!

 

◆おまけ(折り返して全体を表示する)

これは見た目が不格好になるため、実は、ちゃーこさんはあまり好きな使い方ではないのです。

エクセル操作に幅が広がると思いますので、こちらも覚えていて損はないと思います。

 

文字の制御の中にもう一つ、「折り返して全体を表示する(W)」というのがあったかと思います。

これを使っても、実はセルの中に文字を見栄え良く収めることができます。

 

「折り返して全体を表示する(W)」にチェックを入れると、セルの幅いっぱいで自動改行し、

セルの中に2行目3行目ができていくようになります。

 

そうすると、フォントのサイズに応じて、セルの高さも自動的に広がっていくことになります。

 

以上、おまけを合わせると、「文字をセル内に見栄え良く収める方法」は4通りありましたね。

1つのことをやるのにやり方を4通りも知っているなんて、間違いなくエクセル王に一歩ずつ

近づいている証だと思いますよ(*´ω`*)

 

 

第1回は『シート』について、そして第2回は『セル』について説明しました。

次は、『EXCELでできること』について説明していきたいと思います。

 

それでは、またね。

スポンサードリンク
PREV:【EXCEL・エクセル①】簡単!5分でわかるブックとシートの使い方
NEXT:【EXCEL・エクセル③】簡単!5分でわかるエクセルでできること

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です