初詣は何日までに行くべき?引いたおみくじはどうする?捨てちゃダメ!

スポンサードリンク
みなさん、初詣には行かれましたか? おそらく多くの方は「もう済ませたよ。」という返事だと思いますが、「まだ行ってないよ。」という方も少なからずいらっしゃいますよね? 今回は、特に、いつ行くかまだ決めかねている人、仕事や学校が始まってから行くつもりの人に参考になるような、初詣にまつわるテーマと、あわせて、もう済ませた人にも役立つ、おみくじに関するテーマでお送りしようと思います。

ちゃーこさんは本日、1月3日に初詣を済ませましたよ。1月3日の初詣はセーフです(*´▽`*)

 
みなさま、新年あけましておめでとうございます。
今年初ブログのちゃーこさんです(*´▽`*)
 
年末からちょっと遠出をしていて、昨晩未明に帰ってきて、今日、やっと初詣に行ってきました。
そんなわけで、新年最初のブログのテーマは初詣関係にしたいと思います。
みなさん、初詣には行かれましたか?
 
おそらく多くの方は「もう済ませたよ。」という返事だと思いますが、「まだ行ってないよ。」という方も少なからずいらっしゃいますよね?
今回は、特に、いつ行くかまだ決めかねている人、仕事や学校が始まってから行くつもりの人に参考になるような、初詣にまつわるテーマと、あわせて、もう済ませた人にも役立つ、おみくじに関するテーマでお送りしようと思います。
 
 

初詣はいつまでに済ませれば初詣と言えるの?

初詣とは、新年になって初めて社寺にお参りすることを言います。昔は元旦に参拝するものでしたが、『松の内』という期間に行けば初詣としてよいとされています。
初詣は何日までに行くべき?引いたおみくじはどうする?捨てちゃダメ!
『松の内』とは、門松や松飾りを飾っておく期間、つまり年神様がいらっしゃる期間ということになります。
日付でいうと、本来、元旦から小正月の1月15日までが松の内にあたります。
しかし、関西地方では、この伝統を守って1月15日までに参拝するようにとされているものの、その他一般的には、『松の内は1月7日まで』とされています。
年神様がいらっしゃる1月7日までに初詣に行って、これまでの感謝と新年の無事や平安を祈りましょう。
(ちなみに、年賀状のやりとりや新年の挨拶を交わすのも松の内までといわれています。年賀状を出していない方への返事が1月7日を過ぎる場合は理由を述べたうえで寒中見舞いを出すようにしましょう。)
 
 

おみくじを引くのは参拝前が良い?それとも、参拝後が良い?

初詣などの参拝で必ずといっておみくじを引くという方は多いと思いますが、みなさんがおみくじを引くのは参拝前ですか?それとも参拝後ですか?
初詣は何日までに行くべき?引いたおみくじはどうする?捨てちゃダメ!
これって、どちらでも良いように思われるかもしれませんが、実は決まりがあって、おみくじというのは、参拝に対する「神様からのお返事」のようなものと考えられていますので、はやる気持ちは抑えてでも必ず参拝後に引くようにしましょう。
反対に、お守りは、願掛けのための器として有効なものですから、参拝前に購入しておきましょう。
面倒くさいかもしれませんが、お守りは参拝「前」に、おみくじは参拝「後」に、ですよ。
 
 

おみくじの運勢について!吉凶の順番は決まっているの?

驚いたことに、実は、吉凶の順番(縁起の良い順番)については、決まりごとはないのです。
社寺により考え方がばらばらであって、運勢の区分も6段階だったり、13段階だったりと様々です。
当然に吉凶の割合も社寺によってばらばらなのです。
気になる人は社寺に問い合わせてみてはいかがでしょうか。答えていただけるかどうかはわかりませんが( *´艸`)
 
<代表例>
大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶  ※これが最も多い例のようです。
大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶
大吉>吉>中吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>平>凶>小凶>半凶>末凶>大凶
 
<レア例> 京都・伏見稲荷大社の場合
大大吉>大吉>向大吉>末大吉>吉凶末分末大吉>吉>中吉>小吉>後吉>末吉
>吉凶不分末吉>吉凶相交末吉>吉凶相半>吉凶相央>小凶後吉>凶後吉>凶後大吉
(引きなおすのは個人の自由だとは思いますが)吉凶の結果ばかり気にしないで、細部を大切に。
ちゃんとおみくじ代を収めて受け取った神様からのお返事ですので、隅々までよく読んで、自分を見つめなおすことに役立てましょうね。
 
 

引いたおみくじその後は?おみくじは持ち帰ったほうが良い?それとも結んで帰ったほうが良い?

おみくじについては、その近くに結び場所が指定されている社寺が多いですよね。
しかし、「大吉が出たら持って帰った方が良い」なんていう根拠のない都市伝説とも言えるようなうわさも聞いたことがありませんか?
 
実は、元々はおみくじは教訓として持ち歩くものだったといわれています。そのため、おみくじを引いたその場で結ぶのは凶をとどめて吉に転じるようにお願いする場合のみであり、たとえ凶であっても自分への戒めとして持って帰って構わないというのが最近の大方の見解だそうです。
 
最近では、おみくじを入れて持ち歩くための、「おみくじ入れ」もじわじわ人気が出てきているそうですよ。
初詣は何日までに行くべき?引いたおみくじはどうする?捨てちゃダメ!
 
そう考えると、引いてすぐに結び付けないで、できる限り持って帰った方が良いような気がしませんか?
 
ただ、持って帰った場合でも、いらなくなったからといって粗末に捨てるようなことはせず、最後はできる限りおみくじを引いた社寺に収めるようにしましょうね。
初詣は何日までに行くべき?引いたおみくじはどうする?捨てちゃダメ!
このブログを書いているうちに1月4日になってしまいました(;´Д`)
松の内である今のうちに、初詣を済ませて、おみくじを引いて、気持ちよく新年を過ごしましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
スポンサードリンク
PREV:松村邦洋がRIZAPに挑戦!トレーニング内容は?費用は?成功率は?
NEXT:鳥居みゆきもにこるんも!ロンハー奇跡の一枚!過去の画像まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です