【EXCEL・エクセル⑩】簡単!5分でわかる縦棒グラフの作り方

スポンサードリンク
EXCELのグラフの作成について説明します。今回は縦棒グラフ編です。

第10回:グラフの作成について(縦棒グラフ編)

 

縦棒グラフの作り方を覚えましょう

 

こんにちは、ちゃーこさんです。

今日から実際にグラフを作成していきます。トップバッターは「縦棒グラフ」ですよ。

グラフ作成元の表については、前の表計算の回で作成した「釣果一覧」を使用します。

 

まずは、グラフ機能を表示するおさらいからはじめましょう。

108-1

①「挿入」タブをクリックする。

②グラフにしたいセルの範囲を先に指定しておきます。(そのほうが簡単です。)

③グラフ機能エリアの「↘」をクリックする。

 

 

108-3

これでグラフ機能が表示されました。

Sponsored Links

 

◆グラフの作り方

 

グラフを作るときは、

「グラフの種類」を選択します。

②選択したグラフの種類の中から作成できる「グラフのパターン」を選択します。

③そうすると、選択したグラフパターンで作成できる「グラフイメージ」が1つもしくは複数個出てきますので、この中から選択してOKをクリックします。

13-1

 

そうすると、エクセルのシート上にグラフを貼り付けることができます。

109-1

※グラフの位置は自分で動かして(ドラッグして)くださいね。

 

 

◆縦棒グラフについて

 

縦棒グラフは、数値を縦軸に集計値の大きさを表現するグラフです。

今回グラフ元に使用する「釣果一覧」のような表では、縦軸に魚の種類ごとの釣果(匹数)を表したグラフになります。

 

1.集合縦棒

 

集合縦棒では次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、魚の種類別に、毎日の釣果を表したグラフを作成することができます。

⇒魚の種類ごとに、いつが一番釣れたかを見るのに便利なグラフです。

109-2

 

②これを選択すると、日付別に、魚の種類ごとの釣果を表したグラフを作成することができます。

⇒その日に、何の魚が一番釣れたのかを見るのに便利なグラフです。

109-3

 

 

2.積み上げ縦棒

 

積み上げ縦棒では、次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、魚の種類別に、毎日の釣果を積み上げて表したグラフを作成することができます。

⇒その期間に、累計でどの魚が一番釣れたのかを見るのに便利なグラフです。

109-9

 

②これを選択すると、日付別に、魚の種類ごとの釣果を積み上げて表したグラフを作成することができます。

⇒いつが一番釣れたのか、どの魚がたくさん釣れたのか、などを見るのに便利なグラフです。

109-4

 

 

3.100%積み上げ縦棒

 

100%積み上げ縦棒では、次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、魚の種類別に、毎日の釣果を全体の釣果の百分率で表したグラフを作成することができます。

⇒魚の種類ごとに、いつが一番釣れたのかが割合で見られるグラフです。

109-6

 

②これを選択すると、日付別に、魚の種類ごとの釣果をその日の全体の釣果の百分率で表現できます。

⇒その日に何の魚が一番釣れたのかが割合で見られるグラフです。

109-7

 

 

4.3-D 集合縦棒

 

3-D 集合縦棒では、次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、「1.①集合縦棒」を立体的に表したグラフを作成することができます。

109-10

 

②これを選択すると、「1.②集合縦棒」を立体的に表したグラフを作成することができます。

 

109-11

 

 

5.3-D 積み上げ縦棒

 

3-D 積み上げ縦棒では、次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、「2.①積み上げ縦棒」を立体的に表したグラフを作成することができます。

109-13

 

②これを選択すると、「2.②積み上げ縦棒」を立体的に表したグラフを作成することができます。

 

109-12

 

 

6.3-D 100%積み上げ縦棒

 

3-D 100%積み上げ縦棒では、次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、「3.①100%積み上げ縦棒」を立体的に表したグラフを作成することができます。

 

109-14

 

②これを選択すると、「3.②100%積み上げ縦棒」を立体的に表したグラフを作成することができます。

 

109-15

 

 

7.3-D 縦棒

 

3-D 縦棒では、次の2パターンを選択できます。

 

①これを選択すると、魚の種類ごとに、いつがどのくらい釣れたかを立体的に表したグラフを作成することができます。

109-16

 

②これを選択すると、日付別に、どの魚がいつどのくらい釣れたかを立体的に表したグラフを作成することができます。

109-17

 

釣果一覧は縦棒グラフに適した表計算でしたね。

縦棒グラフだけで14パターンのグラフを作成しましたが、それぞれのグラフの違いはわかりましたでしょうか?

 

この中で私のおすすめのグラフは、「1.①集合縦棒(魚の種類別)」「2.①積み上げ縦棒(魚の種類別)」「3.②100%積み上げ縦棒(日付別)」です。ビジネス用途であればこの3つのスタイルを覚えておけば十分だと思います。

 

作成したグラフに表題をつけたい場合は、「グラフタイトル」と書かれたエリアをクリックすると編集モードにすることができます。

編集モードのまま直接文字を入力すると、グラフに表題をつけることができます。

 

109-18

 

グラフの作成や、作成したグラフの装飾が簡単にできることをご紹介できました。

次回より、1種類ずつグラフの作成について説明していきたいと思います。
それでは、次は、「折れ線グラフ」編でお会いしましょう。

 

スポンサードリンク
PREV:【EXCEL・エクセル⑨】簡単!5分でわかるグラフの種類について
NEXT:【EXCEL・エクセル⑪】簡単!5分でわかる折れ線グラフの作り方

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です