敬遠四球申告制導入の問題点は?有利なチームは攻撃側か守備側か?

スポンサードリンク
プロ野球もそろそろオープン戦ですね。例年のことだと思いますが、プロ野球の試合を見ていると何試合に一度かは好打者が敬遠されるシーンに巡り合うことはありませんか?そんな敬遠策について、メジャーリーグでは、早ければ今季から、敬遠に値する意思表示さえすればピッチャーが4球ボールを投げなくとも打者を一塁へ歩かせることができるように規則改正(敬遠四球申告制の導入)されるそうなんです。

敬遠も作戦の一つだとは思いますが、できれば一球一球、正々堂々と戦ってもらいたいものです(/・ω・)/

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
プロ野球もそろそろオープン戦が始まる季節になりましたね。
楽しみですね(*´▽`*)
 
例年のことだと思いますが、プロ野球の試合を見ていると、
何試合に一度かは好打者が無条件に敬遠されるといった
残念なシーンに巡り合うことはありませんか?
 
そんな敬遠策について、MLB(メジャーリーグ機構)では、
早ければ来季から、敬遠に値する意思表示さえすれば、
ピッチャーが4球ボールを投げなくとも打者を一塁へ歩かせることが
できるように規則改正(敬遠四球申告制の導入)されるそうなんです。
 
そうすると、イチローが要所で歩かされるシーンが見られるかもしれませんね(*´ω`)
 
 
実は、1度の敬遠で試合時間を1分短縮できる試算があるのだそうです。
メジャーリーグで導入されれば、常々試合時間の短縮に取り組んでいる
日本のプロ野球でも来シーズン以降に導入の運びになりそうなんです。
 
敬遠策って、無条件で打者を歩かせることになるのは周知ですが、
ルールとしてピッチャーが何も労せず打者が歩くようになった場合、
守備側(ピッチャー・投手)と攻撃側(バッター・打者)の
どちらに有利なルールになるのでしょうか?
 
また、導入の一番のメリットは試合時間の短縮だということはわかりましたが、
反対にデメリット(問題点)はないのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク


敬遠四球申告制導入の問題点は?有利なチームは攻撃側か守備側か?

敬遠四球申告制導入の問題点は?有利なチームは攻撃側か守備側か?
当時、星稜の松井はこれで甲子園の夏が終わってしまいました(-_-)
 
1.守備側のチームにメリットがあり有利だという考え方
◆ピッチャーが4球投げる分の体力を温存できる
◆投げ損じ(暴投)や、故意に打たれるという心配がなくなる
◆打者と向き合わないため、ピッチャーに敬遠しているというプレッシャーがかからない
◆敬遠のシーンで受けるヤジが最小限で済む
 
2.攻撃側にメリットがあり有利だという考え方
敬遠四球申告制導入の問題点は?有利なチームは攻撃側か守備側か?
◆敬遠の頻度が上がり、チャンスをつなげられればビッグイニングを作りやすくなる
 
比べてみた結果、制度導入の意義だけで考えると、圧倒的に守備側に有利に働くように考えます。
 
確かに、守備側に有利な制度であれば、試合時間の短縮にはつながるはずですよね。
では、制度導入により失うもの、デメリットはないのでしょうか?
 
 

敬遠四球申告制導入における、日本のプロ野球固有のデメリットがあるかも!?


スポンサーリンク


 

(新庄に敬遠球をサヨナラされたのは槇原。そして、バース・掛布・岡田の3連続ホームランを浴びたのも同じく槇原w)
 
◆四球が増え、攻撃時間が増えることによる試合時間増加の引き金になりかねない
◆好打者との勝負のシーンが減るため、ホームラン(本塁打)の数が減少する
◆名勝負が減少し、試合が淡白になることにより、プロ野球ファン離れが加速化する恐れがある
◆最悪な場合、故意の四球を乱発することによる八百長試合の温床になりかねない
 
さらっと並べてみたものの、これって結構深刻な問題だと思いませんか?
 
メジャーリーグが導入するからって、たとえうまくいったからって、
それを真に受けてそのまま何の工夫もしないままに、
日本のプロ野球に導入するのはいかがなものでしょうか?
 
 

では、プロ野球に敬遠四球申告制を導入するためには?

敬遠四球申告制導入の問題点は?有利なチームは攻撃側か守備側か?
(たとえ敬遠されても、そのチームに移籍できて監督にも慣れたんだから、これでいいのだ!)
 
日本のプロ野球に敬遠四球申告制を導入するためには、
大きく分けて、「乱発問題」と「八百長問題」の2つの課題を
クリアする必要があると考えます。
 
これらを解決するには、ズバリ使用回数制限しかないと思います。
 
例えば、1試合に3回までとか、かつ同一イニングには1回までにするとか。
例えば、ビハインドの(負けている)チームしか実行できないとか。
加えて、敬遠四球の回数をコーチや監督がピッチャーマウンドに
向かう回数に含めるとか。
 
八百長問題だけにフォーカスすると、監督でも、コーチでもなく、
ピッチャー自らがマウンドを離れてから主審に敬遠四球の伝達を出せるようにすれば
ファンから疑念を持たれる心配が最も少ないのではないでしょうか。
 
今とできるだけ変わらないことが良いというわけではありませんが、
正々堂々とした試合が見られるよう、ルールの改悪だけは
避けてもらいたいものですね。
 
ちなみに、もう1つ、ストライクゾーンについての今季からの改定があるようです。
現行ルールでは「膝頭(ひざがしら)の下部」とされている下限が、
今季からは「膝頭の上部」に変更されます。
低めのストライクゾーンが2インチ(約5センチ)高くなりますので、
これについては紛れもなく打者有利のルール改正と考えます。
 
 
近い将来、日本のプロ野球にこの敬遠四球申告制が導入されてしまうと、
敬遠ボールへの抵抗(空振り:田尾/サヨナラ安打:クロマティ、新庄/本塁打:長嶋、柏原)や
投げ損じ(サヨナラ暴投:金田、小杉、小林)が引き起こすような
サプライズゲームは起こりにくくなってしまうのでしょうね。
残念です(;´д`)
 
日本での導入は見送ってほしいのですが、、、
2018年1月11日時点、プロ野球の公式ルールに導入されることが
決定してしまいました。
これで早ければ今年から導入されることになります。
 
最初に敬遠四球申告制を使う投手は誰になるんでしょうか?
名前が記録に残るから、狙うピッチャーがいるんじゃないでしょうか?( *´艸`)
 
おまけですが、昨シーズン、菊池雄星くんが散々いじめられた
二段モーションはOKになるのだそうです。
 
昨年の騒ぎは一体何だったんでしょう?
 
 

スポンサーリンク



スポンサードリンク
PREV:わいたこらの意味は?しくじり先生に新庄!ろれつや衣装があやしい
NEXT:ベリーダンサー中村インディアがかわいい!レッスンは?旦那は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です