高安が次の大関候補だ!隆の里仕込みのガチンコ相撲で稀勢の里に続け

スポンサードリンク
2017年春場所(3月場所)も7日目、新横綱の稀勢の里関と関脇の高安関の2人が7戦全勝ですね。何と、稀勢の里関と高安関の二人は同じ田子の浦部屋の力士なんですね。これで二場所連続田子の浦部屋に賜杯が行くのは決定的だといっても良いのではないでしょうか。高安関は今は関脇ですので、まずは大関ですね。今場所は高安に注目したいですね。

大相撲もどんどん新しい人が上にあがっていってほしいですね(*´ω`*)

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
2017年春場所(3月場所)も前半戦7日目までが終わり、新横綱の稀勢の里関と関脇の高安関の2人が7戦全勝ですね。
 
稀勢の里関の全勝は新横綱として立派というか、安心の成績だと思いますが、驚いたのは、もう一人の全勝、高安関も、何と、同じ田子の浦部屋の力士なんですね。
 
どちらが優勝するにせよ、二場所連続田子の浦部屋に賜杯が行くのは決定的だといっても良いのではないでしょうか。
 
高安関は今は関脇ですので、まずは大関取りですね。
今場所の注目は間違いなく稀勢の里と高安ですので、今回はこの高安の方に注目してみたいと思います。
 
 
Sponsored Links

高安関プロフィール

 
本名    高安 晃(たかやす あきら)
しこ名   高安
番付    関脇(最高位)
所属部屋 田子ノ浦部屋
生年月日 平成2年2月28日
初土俵   平成16年春場所
出身地   茨城県土浦市
身長    186.0cm
体重    179.0kg
得意技  突き・押し
 
先代師匠の故鳴戸親方(元横綱:隆の里)仕込みの猛稽古で鍛えられ、八百長をしないガチンコ相撲で実力を着実につけてきた高安。
兄弟子(稀勢の里)に引っ張られるように、白星を積み重ねてきました。
 
 

高安関のここ1年間の成績

2016年3月場所(西前頭1)  5勝10敗
2016年5月場所(西前頭5)  9勝6敗
2016年7月場所(西小結)  11勝4敗
2016年9月場所(東関脇)  10勝5敗
2016年11月場所(東関脇)  7勝8敗【大関昇進失敗】
2017年1月場所(東小結)  11勝4敗
2017年3月場所(西関脇)  7連勝中
 
大関昇進の条件は、「小結または関脇の地位に直近で3場所以上在籍し、かつ33勝以上あげていること」ですから、高安関は今、2017年5月場所後の大関昇進に向けてチャレンジしていることになります。
 
兄弟子の稀勢の里関と同じく、腰が高くなってしまうのが弱点のようです。
 
稀勢の里は「自分が横綱に昇進できたのは高安のおかげ。次は高安を大関に引き上げる」とコメントしているぐらい、新たな目標に躍起になっていることでしょう。
 
高安関を強くして、自らも強くなる。
稀勢の里関も無事に横綱になれたのですから、高安関も下位の力士からの取りこぼしがなければ、これから最短での大関も見えてくるでしょうね(*´ω`*)
 
 

高安関の幼馴染は、なんとあのアイドル集団の元メンバー

 
高安関は日本人の父親とフィリピン人の母親とのハーフなのだそうです。
フィリピン人ハーフで、アイドル集団のメンバーといえば・・・
そう、元AKBの秋元才加さんと幼馴染なんですね。
お互いの母親同士が仲が良いそうなんですよ。
そういえば、いつかの大相撲観戦シーンを思い出しました・・・
 
 
この表情、ただならぬ仲のような気がしませんか?
もしかしたら、秋元才加と高安が熱愛?!なんてスクープにも発展しちゃうかも( *´艸`)
 
高安関の大関昇進は現実的なものになりそうですね。
ケガと、下位力士からの取りこぼしには気をつけて、頑張ってもらいたいですね!!(*´▽`*)
 
 
スポンサードリンク
PREV:「週刊添い寝CD」を聞いてみた!妄想彼氏のささやきでノックアウト
NEXT:アクロヨガはコミュニケーション力にも効果絶大!男女の愛も深まるよ

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です