「142857」のふるまいがヤバい!なぜ?林先生がドヤ顔で解説!

スポンサードリンク
世の中には不思議な出来事があるというウワサはよく耳にするのですが、林先生が驚く初耳学では、驚きどころかちょっと気味の悪いふるまいをする数字があるという解説をしていました。それは、「142857」という、規則性のなさそうな6桁の数字なのです。どうすれば不思議なふるまいをするのでしょうか?林先生の解説と、その先にある不思議について検証してみました。

まさか、大人になって数字(お金じゃないよ)で身震いをするような経験をするなんて・・・

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
世の中には不思議な出来事があるというウワサはよく耳にするのですが、林先生が驚く初耳学では、驚きどころかちょっと気味の悪いふるまいをする数字があるという解説をしていました。
 
それは、「142857」という、規則性のなさそうな6桁の数字なのです。
 
どうすれば不思議なふるまいをするのでしょうか?
林先生の解説と、その先にある不思議について検証してみました。
 
 
Sponsored Links

「142857」じゃなければ不思議な法則は発生しない

 
「142857」という自然数に、1から順に数字を掛けてみましょう。
 
142857×1=142857
142857×2=285714
142857×3=428571
142857×4=571428
142857×5=714285
142857×6=857142
 
何か気が付きましたか?
 
そうです、どれも答えにある数字は「1」「4」「2」「8」「5」「7」だけなんです。
それどころか、数字の並び順も同じ、「1」「4」「2」「8」「5」「7」なんです。
 
そして、
142857×7=999999
ここで打ち止めになりました。
 
 

林先生が解説しなかった、「142857」のお話の続き

142857×7=999999
ここで悲鳴が上がりそうな結末なのですが、実は、この数字にはもっと不思議なふるまいがあることが隠されていたのです。
 
今度は、「142857」を『142』と『857』に分けてみましょう。
 
『142』+『857』=999
ですね。
 
では、それ以外のパターンについても確認してみましょう。
 
142857×2=285714→285+714=999
142857×3=428571→428+571=999
142857×4=571428→571+428=999
142857×5=714285→714+285=999
142857×6=857142→857+142=999
 
つまり、どれも和が999になってしまうんです。
 
さらには、「142857」を『14』『28』『57』に分けてみるとどうなるでしょうか。
 
142857×1=142857→14+28+57=99
142857×2=285714→28+57+14=99
142857×3=428571→42+85+71=198
142857×4=571428→57+14+28=99
142857×5=714285→71+42+85=198
142857×6=857142→85+71+42=198
 
99と198の2通りに分かれてしまいましたね(´・ω・)
果たしてここではもう規則性は通用しないのでしょうか( *´艸`)
 
では、それぞれの桁の数字を足してみるとどうでしょうか。
9+9=18
1+9+8=18
やっぱり同じですね( ゚Д゚)
 
そして、1+8=9
やっぱり、「9」になるんです(;゚Д゚)
 
ちなみに、『1』『4』『2』『8』『5』『7』をすべて足したらどうかといいますと・・・
1+4+2+8+5+7=27
 
で、まさかと思いますが、2+7=9
やっぱり、最後は「9」にたどり着いてしまうんです。
 
不思議ですね。
不思議な巡り合わせとしか素人には説明のしようがないのですが、こういった不思議な現象を機に数字、数学が好きになれるとよいですね。
 
あなたの周りの小学生に教えてあげてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
スポンサードリンク
PREV:アクロヨガは簡単!気になる異性・恋人と仲良くなれる大チャンス!
NEXT:丸の内朝大学2017年春学期開講クラスの概要と特長とおすすめは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です