「142857」の秘密が不思議でヤバイ!なぜ?林先生もドヤ顔!

スポンサードリンク
世の中には不思議な出来事があるというウワサはよく耳にするのですが、林先生が驚く初耳学では、驚きどころかちょっと気味の悪いふるまいをする数字があるという解説をしていました。それは、「142857」という、規則性のなさそうな6桁の数字なのです。どうすれば不思議なふるまいをするのでしょうか?林先生の解説と、その先にある不思議について検証してみました。

まさか、大人になって数字(お金じゃないよ)で身震いをするような経験をするなんて・・・

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
 
世の中には、不思議な偶然かつ不自然な出来事があるというウワサは
よく耳にするのですが、、、
 
林先生が驚く初耳学では、驚きどころか、
ちょっと気味の悪いふるまいをする数字があることを教えてもらいました。
もちろん、林先生のドヤ顔解説付きですからね( *´艸`)
 
その数字は、「142857」という、一見規則性のなさそうな
6桁の数字なのです。
 
この数字がどのように不思議でヤバイふるまいをするのでしょうか?
林先生のドヤ顔解説を交えて、その先にある不思議についても
あわせて検証してみました。
 

スポンサーリンク


 

 

「142857」の秘密が不思議でヤバイ!

 
「142857」という数字でなければ、不思議でヤバイふるまいは起こらないのです。
 
でも、どうやったら不思議は起こるのでしょうか?
 
それでは、「142857」という自然数に、1から順に数字を掛けてみましょう。
 
142857×1=142857
142857×2=285714
142857×3=428571
142857×4=571428
142857×5=714285
142857×6=857142
 
ここで何か気が付きましたか?
ひとつずつ、よ~く見てくださいね。
 
そうです、どれも答えにある数字は「1」「4」「2」「8」「5」「7」だけなんです。
それどころか、数字の並び順も同じ、「1」「4」「2」「8」「5」「7」なんです。
 
 
そして終いには、
142857×7=999999
林先生のドヤ顔解説は、ここで打ち止めになりました...
 
 

林先生が解説しなかった、「142857」のお話の続き

142857×7=999999
ここで悲鳴が上がりそうな結末なのですが、
実は、この数字にはもっと不思議なふるまいがあることが
隠されていたのです。
 
 
それでは、今度は、「142857」を『142』と『857』に分けてみましょう。
 
『142』+『857』=999
ですね。
 
では、それ以外のパターンについても確認してみましょう。
 
142857×2=285714→285+714=999
142857×3=428571→428+571=999
142857×4=571428→571+428=999
142857×5=714285→714+285=999
142857×6=857142→857+142=999
 
つまり、この場合、どれも和が999になってしまうんです。
 
 
さらには、「142857」を『14』『28』『57』に分けてみると
どうなるでしょうか。
 
142857×1=142857→14+28+57=99
142857×2=285714→28+57+14=99
142857×3=428571→42+85+71=198
142857×4=571428→57+14+28=99
142857×5=714285→71+42+85=198
142857×6=857142→85+71+42=198
 
99と198の2通りに分かれてしまいましたね(´・ω・)
 
これだと規則性があるとは言い難いのですが、
果たしてもうこれ以上規則性は通用しないのでしょうか( *´艸`)
 
 
では、試しにそれぞれの桁の数字を足してみるとどうでしょうか。
9+9=18
1+9+8=18
やっぱり同じですね( ゚Д゚)
 
そして、1+8=9
やっぱり、最後は「9」になるんです(;゚Д゚)
 
ちなみに、『1』『4』『2』『8』『5』『7』をすべて足したらどうかといいますと・・・
1+4+2+8+5+7=27
 
で、まさかと思いますが、2+7=9
やっぱり、最後は「9」にたどり着いてしまうんです。
 
 
不思議ですね。
そして、ちょっとゾッとする話かもしれませんね( *´艸`)
 
 
この法則は、不思議な巡り合わせであるとしか、
素人には説明のしようがない現象のですが、
こういった体験を機に数字、数学(算数)が好きになれるとよいですね。
 
 
あなたの周りの小学生に教えてあげてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 

スポンサーリンク



スポンサードリンク
PREV:アクロヨガは初心者でも簡単!やり方やポーズとスクールについて調査!
NEXT:羽田空港にあるプラネタリウムカフェの混雑状況や料金について

コメント

  1. 中島 より:

    7について思いを巡らせていてここに来ました。
    07,14,28,56…
    これは7から始めて2倍にして行ってるんですが、ここで「2桁で」という区切りで
    3桁目以降はまえの数に足して行くと
    56,
    1,12,
    2,24,
    4,48,
    8,96,
    17,92,
    35,84,
    71,68,
    1,43,36,
    2,86,72,…と続くのですが桁ごと縦に足すと
    57,14,28,57,14,28,57,14,2…と循環が出て来ます。
    また、逆に1/2にして行くと
    00,05,46,87,5
    00,10,93,75
    00,21,87,5
    00,43,75
    00,87,5
    01,75
    03,5
    07,
    14,
    28,…となりやはり
    8,57,14,28,57,14,28が出てきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です