エターナルラビリンス倒産で会員の返金・解約NG!社長は?口コミは?

スポンサードリンク
2017年3月28日に自己破産申請していた、エステ業界で脱毛サロン大手の「エターナルラビリンス」の運営会社『株式会社グロワール・ブリエ東京』の破産手続きが開始されたそうです。以前より、虚偽誇大広告や中途解約者への返金拒否⇒9か月間の業務停止⇒解約増加が相次ぎ返金遅延など、自転車操業でトラブルは絶えなかったため、今回の倒産は時間の問題だったんでしょうね。

ついこの間破綻した「てるみくらぶ」と同じパターンか?そういえば「てるみくらぶ」も9万人の旅行者に影響があったって言ってたっけ・・・

 
こんにちは、ちゃーこさんです。
嬉しくないニュースですが、本日は久々に大型倒産がありましたね。
 
2017年3月28日に自己破産申請していた、エステ業界で脱毛サロン大手の「エターナルラビリンス」(略称「エタラビ」)の運営会社『株式会社グロワール・ブリエ東京』の破産手続きが開始されたそうです。
 
 
エステ業界では2000年10月に破産した株式会社アール・ビー・エム(「エステdeミロード」運営、負債約195億円)に次ぐ大型倒産だそうです。
 
『株式会社グロワール・ブリエ東京』は2002年創業のため、この大型倒産を知らない新興勢力だったのですが、残念ながら約50億円の負債を抱えてしまい、とうとう破産してしまいました。
以前より、虚偽誇大広告や中途解約者への返金拒否⇒9か月間の業務停止解約増加が相次ぎ返金遅延など、自転車操業でトラブルは絶えなかったため、今回の倒産は時間の問題だったんでしょうね。
 
エターナルラビリンスの元店舗従業員については、同業の「ミュゼ・プラチナム」が引き受けるそうですが、イメージ払しょくのため店舗は改装して新たに立ち上げることが発表されていますね。
 
エターナルラビリンス自体がなくなってしまったため、返金や解約はできないものの、9万人といわれる会員については、代金全額支払済であれば「ミュゼ・プラチナム」で脱毛サービスを受けるためには、優遇措置(エタラビの35%の費用を支払えば脱毛サービスが受けられる)は用意してくれていますので、これでもまぁ、『すべて自分で何とかしてください』という「てるみくらぶ」よりはかなりマシな部類でしょう。
(脱毛1回あたり2000~2500円ぐらいは払うことになるのかな?)
 
このような大型倒産にあたり、社長の動向やネットの声が気になりますね。
 
Sponsored Links

 

エターナルラビリンスの社長は誰?

 
今回の破産報道で出てきた社長の名前は「船田正司」という人でしたが、実は、この人に関する情報が一切見つからないのです。
検索すると「下田友洋」っていう元ホストっぽい兄ちゃんが社長だというふうに出てきます。
 
しかも、資金繰りが怪しくなったころから行方不明で連絡が取れないというウワサがあったり、下田友洋=船田正司という同一人物説があったり。
現時点では真相はわかりません。
これぞ本当のエターナルラビリンスかもしれないですぞ( *´艸`)
 
今後、社長の会見する場面はあるのでしょうか?
 
 

ネットの声について

破産報道前後のネットの声を集めてみました。
 

この会社のお金へのがめつさハンパないですね(´・ω・`)
意外にも冷静なツイートが多いのがびっくりです。
 
 
こんな時、イメージキャラクターをつとめた「山下智久」「鉢嶺杏奈」は会員以上にショックだろうなぁ(+_+)
 
 
 
スポンサードリンク
PREV:今村復興大臣を記者会見で激怒させたフリージャーナリストが判明!
NEXT:杉山三郎(考古学者)の経歴や家族は?SWITCHで平岳大と対談

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です