ゴルフ天才少女須藤弥勒のピアスと滑舌が気になる!自宅や家族も調査!

スポンサードリンク
今、5歳の天才ゴルフ少女が注目されています。その子の名前は須藤弥勒ちゃん。きっかけは、米国・サンディエゴで今月14日まで行われていた「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」6歳以下の女子の部で、2位に5打差をつけて史上最年少で優勝を果たしたことでした。親の経済力と自身の技術力と、両方備わっていないとなかった話です。そんな子、絶対謙虚なわけない、生意気に決まってる!

おだてられて調子に乗ってる勘違い子供を目の前で見ている分にはかわいいけど、
敢えて衆人の目にさらすようなことをしていると思うと、これほどおぞましいことはないですなぁ( `ー´)ノ

 

こんにちは、ちゃーこさんです。
いつの時代も、「天才」という魔法のような定義の言葉を濫用して、

得意気にメディアに登場するちびっ子たち。

 

メディアを濫用しているのか、メディアに踊らされているのか、

その真相はよくわからないことが多いですよね。

 

いつの間にか、「あの人は今?」状態になっているのが

大多数ではないでしょうか。

 

卓球少女愛ちゃんこと福原愛ちゃんのように、ただの泣き虫で終わらず、

オリンピックでメダルが取れるほど無事に大成して、立派な大人に

なっているならどちらでもいいのでしょうけど、こんなのはレアケースでしょう。

 

ちびっ子ではないですが、亀田親子のようなパターンは、メディアの悪意しか

感じられません。(実態はよくわかりませんけど)

 

ちびっ子だから当然かもしれませんが、親の思うままに動かされることが

当たり前みたいになってしまい、親の金づるになってしまっているような

かわいそうなケースも決して少なくないと思います。

 

最近見なくなりましたが、中島芭旺(なかじまばお)くんという、

偉そうな言葉(名言?)ばかり言ってる不登校児がいましたが、

まさに彼なんか母親のカウンセリングビジネスのヒモみたいに見えて

かわいそうでしたね。

 

中島芭旺(ばお)の仕掛け人は母親!不登校で名言(迷言)はおかしい!

 

そして、最近は、5歳の天才ゴルフ少女が注目されています。
その子の名前は須藤弥勒(すどうみろく)ちゃん。

群馬県太田市在住です。

 

注目のきっかけは、米国・サンディエゴで今月14日まで行われていた
「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」の6歳以下の女子の部に出場し、
2位に5打差をつけて史上最年少で優勝を果たしたことでした。

 

そもそも6歳以下で、かつアメリカで行われる大会に出られる子が

どれだけいるかっていう話ですけどね( *´艸`)

 

これは、『親の経済力+自身の技術力』、これが両方備わっていないと

実現できなかった話でしょう。

そんな子、絶対謙虚なわけない、生意気に決まってる!って思いませんか?( ;´Д`)

 

その須藤弥勒ちゃんはこんな感じです。

 

やっぱり生意気そうで作り笑顔っぽく見えるし。
天才かもしれないけど、かわいくないなぁ( *´艸`)

 

ちょっ滑舌悪いし、えっ、ピアスもしてるの?!

両親や家族はどんな感じなんでしょうか?

顔のつくりも何となく中国人や韓国人っぽさがあるけど、これは気のせいかな?


スポンサーリンク



スポンサーリンク


 

ゴルフ天才少女須藤弥勒について(自宅・家族・滑舌・ピアス)

 

■「緊張するのは凡人なんで、私はゴルフの神様の子どもなんで、

 緊張しませんでした」
(と、親から無理やり言わされているように聞こえる。滑舌が悪いから)

 ピアスもイメージ悪いけど、どうせなら母親もでっかいの付けていれば

 違和感なかったでしょう(´-ω-`)

 

■カメラの前では「ナンバーワン!私が一番よ!」って可愛げもなく

 言ってのける( *´艸`)

(メディアに踊らされているんだから、これは両親が止めるべき)

 

■父親は東京大学教授の須藤憲一さんで、仏教の研究をしていたせいか、

 子どもの名前が特長的。
 お兄ちゃんが「桃太郎」くん、弟は「文殊」くん。
 この2人と一緒だと弥勒ちゃんの名前に違和感がなくなる( *´艸`)

 

■妹の快挙にお兄ちゃんは「2歳の頃から毎日、暑い中も寒い中も練習してきて、

 結果が出て本当によかった」とコメント

 

■母親は元フィギュアスケート選手らしい。
 自分ができなかったことを子供に託すのは悪いことじゃないけど・・・
 弥勒ちゃんがしゃべろうとしたときに口パクで操っている疑惑あり( ;´Д`)

 

 

これ、トータルで見て明らかに犯人は母親ですよね。

 

ただ、出演番組がTBS系列というところも気になります。

亀田親子しかり、TBSはこの手の前科があるので真相はわかりませんね。

 

踊らされて囲い込まれて終わりにならなければいいんですけどね・・・

 

ゴルフのセンスについてはともかく、遠い異国の地で最年少優勝できたのは

立派なものですよね。

 

ただ、あれだけ頭が下を向いていて打つ方向見ていないのに

正確にまっすぐ飛ぶのがスゴイ。

 

この姿は、かつて巨人で中継ぎとして活躍し、大リーグや

ソフトバンク他数球団を渡り歩いた

岡島秀樹投手を思い出します(*´ω`*)

 

最近はオ・ユアンというプロコーチにも見てもらい始めたそうです。

さすがにプロの力を借りないと、その先の成長は難しいような気がしますよね(>_<)

 

ただ、まだまだこれから当分の間はネットを賑わしそうな予感がしますね。

今は仕掛け人は母親じゃないかと疑っていますが、どこかでぼろが出るか、

それともTBSがグイグイ引っ張っていくのか。

 

何かが変わらないと、この好調が長続きするとは思えないですけどね・・・

 

弥勒ちゃん、早く反抗期来てほしいなぁ( *´艸`)

 


スポンサーリンク



スポンサードリンク
PREV:高須院長VS民進党大西健介議員の裁判の行方を予想!不条理な判決か?
NEXT:山田かまちの青い自画像とは?名前の由来や死因と他の作品について

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です