壇蜜主演の宮城県観光PR動画の制作会社や予算が知りたい!不快?

スポンサードリンク
老若男女誰でも知ってる一番エロい人、壇蜜と言えば今ではみんなが知っていますよね。その壇蜜主演の宮城県観光PR動画について、ちょっとやりすぎではないかと批判の声が上がっています。でも、県のお仕事に関する話ですから、予算(=税金)があって、委託先(=制作会社)があるわけですよね。批判されること覚悟で、どれぐらいの予算で、どこの制作会社が作ったか気になりますね。

『壇蜜』というペルソナに対する世間の誤解が大きすぎることがこの問題の本質になっているような気がします( ;´Д`)

 

こんにちは、ちゃーこさんです。
老若男女誰でも知ってる一番エロい人、なんて言ったらまた誤解を与えてしまうことに
なってしまうかもしれませんが、壇蜜と言えば今ではみんなが知っていますよね。

 

ん?誰ですか?一番エロいのは大久保さんだと言ってる人は( *´艸`)

 

ちょっと逸れましたが、その壇蜜さんが主演で宮城県が作成した観光PR動画

反響がものすごく、ちょっとやりすぎではないかという批判の声が目立って上がっている

ことが話題になっています。

 

でも、県のお仕事に関する話ですから、必ず予算(=税金)があって、そして、

委託先(=制作会社)があるわけなんですよね。

 

批判されること覚悟で作ったのなら、どれぐらいの予算で、どこの制作会社が作ったかが
気になりますよね。

Sponsored Links

 

壇蜜主演の宮城県観光PR動画のテーマは「涼・宮城の夏」

いつ配信中止になってもおかしくはないYouTube動画をご紹介しましょう(/・ω・)/

 

CMの気になるフレーズ、

■宮城、行っちゃ・う
■「ぷっくり膨らんだ、ず・ん・だ」
■「肉汁トロットロ、牛のし・た」
■「え、おかわり?もう~、欲しがりなんですから」
■「上、乗ってもいいですか」
■「あっという間にイケちゃう」

 

こうやって文字にして並べると、「ちょっと頭おかしいCM」だと誤解してしまいます。

 

また、壇蜜の秘めたアクションにより、むすび丸がダラダラと鼻血を出したり、

伊達政宗公の顔が高田純次みたいなスケベジジイ顔に変化したり、

頭をなでられたカメがムズムズと反応してくるところなどだけにフォーカスすると、

ちょっとオイオイって思われたりもするでしょう( *´艸`)

 

世間の反応も、

■ちょっとやりすぎ
■悪趣味
■性的に不快
■宮城に行きたくなくなる

といった否定的な反応と、

 

■特に問題ない
■YouTubeのCMだから問題ない
■宮城県おもしろい
■よくやった

といった、好意的な反応に二分されており、

 

県側の反応も、女性議員からは「配信中止」を求めるクレームがあり、
一方で現職知事・副知事他大半は「問題はないので継続する」という
両極端な反応を示しています。

 

ただ、いずれも当事者の反応としては他人事のように聞こえてしまうのは
気のせいでしょうか( `ー´)ノ

 

 

では、このPR動画の制作会社や予算はどうやって決まったか?

 

このPR動画をつくるにあたっては、あらかじめ、「主演女優」と「制作会社」と「予算」を
決めておかなければなりませんでした。

 

おそらく、この3つのうち一番最初に決まったのは予算でしょう。
予算の出どころについては、去る21日に開かれた宮城県議会経済商工観光委員会で
共産党の福島かずえ議員からの質問による回答で明らかになりました。

 

県観光課職員の回答は、

「これは、東日本大震災で被災した沿岸部に観光客を誘致するための情報発信の予算
『沿岸部観光情報等発信事業費』総額1億円から動画制作費用として2300万円

利用した」というものでした。

 

枠で抱えている予算から捻出するという、危ない橋を渡った使い方でしたね( ;´Д`)

2300万円については、制作期間やCM時間などから県側で積算したのでしょう。

 

推測ではありますが、まぁ、わかったのでとりあえず良しとしましょう。

 

次は、制作会社か壇蜜かというところですが、これについては、壇蜜が先みたいです。
前仙台市長の奥山恵美子さんが、「先祖が伊達藩に仕えていた家臣だった」という
理由で、他県人だが、秋田県出身の壇蜜を主演女優に選んだことを話していました。

 

そうなると、「やらかしたのは制作会社なのか?」といったいわゆる欠席裁判的な

発想がぬぐえなくなってしまうのですが・・・

 

制作会社については、公募型企画提案(プロポーザル)方式で募っており、

3社が競合した結果、仙台市内にある株式会社第一広告社が落札しました。

 

CMのコンセプトなど具体論なイメージが決まっていないと県を納得させるような

プレゼンはできなかったでしょうから、

つまり、これは、PR動画の中身については第一広告社主体のアイディアだった

と考えるのが至極妥当ですよね。

 

壇蜜というペルソナを勘違いして、ちょっとはっちゃけてしまったのでしょうね( *´艸`)

 

でも、だからといって、制作会社に否があるような見方はしてはいけないと思います。
今回の件については、

「途中で誰か気が付けよ!!」
って、この一言に尽きると思います( *´艸`)

 

今回のPR動画について、私個人としては、
■基本的には、ちょっとやりすぎ(カメや伊達政宗像が反応する必要はない)
■ただし、(ビジュアルを見直せば)宮城県おもしろい
と思っています。

 

マイナスイメージばかり植え付けてしまうと、次が出てこなくなってしまいます。
良くも悪くも話題性は抜群ですから、他県もどんどんPRしてほしいですね(*´▽`*)

 

スポンサードリンク
PREV:無人駅だらけ!絶景だらけ!鉄道ファンを極めるなら飯田線に乗ろう!
NEXT:aikoと深田恭子のデビュー曲が激似の件!コモリタミノルとは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です