吉村禎章は野球で天才だったが女性スキャンダルあり!息子の学校は?

スポンサードリンク
大阪の野球の名門、PL学園から巨人入りして大活躍した吉村禎章さん。毎年のように3割を打ち、その打撃センスは天才だと言われていました。あの、悲劇の衝突事故さえなければ、もっと活躍していたかもしれません。しかし、一方では女性問題などのスキャンダルで野球人生を縮めてしまったとも噂されています。女性スキャンダルは本当なのでしょうか?

札幌円山球場で起こった栄村選手との悲劇的な衝突事故は、野球好きの誰もが一生忘れないでしょう・・・

 

こんにちは、ちゃーこさんです。
今や野球部は廃部となってしまった、大阪の名門、
PL学園から巨人入りして大活躍した吉村禎章さん。

 

オープンスタンスで軸がぶれずに構える左打者で、

好不調の波が少なく、毎年のように3割を打てる

その打撃センスはまさに天才だと言われていました。

 

そんな吉村さんですが・・・

もしも、あの、悲劇の衝突事故さえなかったら、
もっとフルに活躍できていたかもしれません(´-ω-`)

 

 

しかし、一方では女性問題などのスキャンダルで
野球人生を縮めてしまったとも噂されています。

 

プロ野球選手といえば、これまでも女性の方から
近づいていくようなイメージもありますし、
近年は芸能人の不倫も当たり前かのごとく
明るみになっているぐらいですから・・・

 

そもそも吉村さん自身が、あまりスキャンダルに

縁があったイメージはないんですけどね・・・

 

女性スキャンダルの噂は本当なのでしょうか?

 

吉村二世(息子)の存在も気になりますね・・・


スポンサーリンク


 

吉村禎章の天才たるプロフィール

 

生年月日:1963年4月27日(54歳)
出身地:奈良県御所市
学歴:PL学園高校
ドラフト:読売ジャイアンツ3位(1991年)

 

吉村さんの天才たる所以は野球漬けの人生にあったようです。

 

高校時代はPL学園全盛期の始まりで、優勝も経験しています。

清原桑田のKKコンビからしたら吉村さんは大先輩ですよね(*´ω`*)

 

決して大型長距離バッターとの評価ではありませんでしたが、
バットコントロールの正確さとセンスの高さ、俊足かつ強肩という
三拍子がそろった超即戦力としてジャイアンツに入りました。

 

ジャイアンツに入ってからもその非凡なるセンスは光っていました。

レギュラーとして試合に出始めた後は、毎年3割のアベレージが
確約的に期待できる選手として重宝されていました。

 

まさに、天才的なバッティング。

 

中には、ちょっとした事件(ハプニング)もありましたけどね( *´艸`)

 

 

しかし、すべてが順風満帆ではありませんでした。

 

1988年の札幌円山球場での広島との一戦で、

レフトを守っていた吉村選手は、一生懸命に打球を追う

センターの栄村選手と左中間で激突。
靭帯断裂の交通事故レベルの大怪我を負ってしまいました。


スポンサーリンク


 

1年以上ものリハビリを経て、見事な復活を遂げましたが、
もはやフル出場を続けられる身体ではなくなっており、

晩年は代打専門で過ごしていました。

 

代打でもそうとう打ちまくっていましたんですよ(*´ω`*)

 

現役引退後は、野球解説者、巨人二軍監督、

一軍コーチ(打撃、野手)などを歴任した後、

今回7年ぶりにコーチで巨人に復帰することになりました!

 

本来の吉村さんの実力や功績からすると、一軍監督候補として

声がかかってもおかしくないように思いますけど、

簡単にそうはいかないような秘密がありました・・・

 

 

吉村禎章には女性スキャンダルがあった!

 

それは前回の一軍打撃コーチ時代にさかのぼります。

2010年、成績不振を理由に一軍コーチを解雇されたと
言われていましたが、その背景には事件があったのです。

 

妻子ある身でありながらも、なんと、遠征先の
九州の旅館の女性従業員と不倫関係にあったのです。

 

しかも、その女性との別れ話がもつれてしまい、
一方的に暴力をふるってしまったことから問題が発覚!

 

最終的には1,500万もの示談金を払うことになってしまいました。

 

金額も大きいですが、見えないところで失ってしまったものは

もっと大きいような気がしますよね( ;´Д`)

まぁ、すべて、・・・たら、・・・れば、の話ですけど、
実際のところそうですよね。

 

今回7年ぶりのコーチ復帰ですが、禊は終わったのでしょうか?

 

 

息子の学校は?野球は?

 

吉村禎章さんの息子俊(しゅん)君は、現在高校3年生。
今夏まで立教新座高校で野球部主将でした。

 

現役時代を知っている人の二世が野球をやってくれているって

ファンとしてはなんだかうれしいですね(*´▽`*)

きっと、お父さんの天才的DNAが俊君にも受け継がれて
いることでしょう。

 

ところが、ケガに泣かされるところまでもがお父さん譲りみたいで、
まだ若いのに腰を痛めて手術をしたり、右ひじを痛めたり、
頭部へのデッドボールで大出血したりしたこともありました( ;´Д`)

 

現役時代、それでもお父さんは必死に頑張っていましたから、
息子の俊君も野球を頑張ってもらいたいですね。

 

ちなみに、今年の夏は埼玉県大会3回戦敗退で終わっています。

 

俊君の学校は立教大学の付属校ですから、おそらく次の舞台は

東京六大学野球ということになることでしょう。

楽しみですね(/・ω・)/

 

六大学で活躍できれば、親子でジャイアンツということも
実現する可能性はありますよね(*´ω`*)

 

 

吉村禎章に関するまとめ

■女性スキャンダルはガチで示談金も1千万クラスだった
■野球人生を縮める事故が遭っても、復帰後も天才だった
■息子の俊君も高校で野球をやっていた

 

以上です。
また次回をお楽しみに<m(__)m>

 


スポンサーリンク



スポンサードリンク
PREV:田中英祐(元京大)はイップス?サイドスロー転向失敗!引退後は就職?
NEXT:矢幡洋が結婚した嫁や娘の現在は?顔の傷の原因が気になる!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です