東京日の出町に建設した大仏の名前や大きさは?拝観料やアクセスは?

4月9日は大仏の日。そんな大仏の日にはちょっと間に合いませんでしたが、東京の日の出町で建設だった大仏が、2018年4月11日より一般公開されることになりました。鎌倉の大仏よりも若干サイズが大きいみたいで、ちょっとした話題になっていますね。大仏の名前や大きさ、拝観料、建設したお寺のアクセスなどについて調べてみることにしました。

日本全国に大仏のあるお寺って、実は100か所以上あるって知ってますか?

 

こんにちは、ちゃーこさんです。

 

昨日4月9日は大仏の日でしたね。

 

かつて天平勝宝4年(西暦752年)の旧暦4月9日に、
奈良の大仏の開眼供養が行われたことにちなんで
制定された日なのだそうですが、知っていましたか?(*´▽`*)

 

そんな大仏の日にはちょっと間に合いませんでしたが、
東京の日の出町で建設だった大仏が、
2018年4月11日より一般公開されることになりました。

 

鎌倉の大仏よりも若干サイズが大きいみたいで、
ちょっとした話題になっていますね。

 

そんな大仏の名前や大きさ、拝観料、建設したお寺のアクセス
などについて調べてみることにしました。


スポンサーリンク


 

新たに大仏を建設したお寺の名前は宝光寺

東京都日の出町にある宝光寺は、治承四年(西暦1180年)、
源頼朝の発願により天台宗菩提院として創建されたのがはじまり。

 

文明十年(西暦1479年)に山梨県廣厳院四世の文済禅師により
曹洞宗に改宗され、お寺の名前も宝光寺となりました。

 

宝光寺としては540年、改宗前から840年もの歴史のある
寺社ではありますが、度々の火災による消失があり、
現在ある本堂や伽藍は昭和51年(1976年)に再建されたものです。

 

鎌倉幕府が開かれるちょっと前に創建された宝光寺。
その大仏も鎌倉大仏よりもちょっと大きいのは偶然でしょうか?!

 

 

そもそも大仏の定義って何?

大きな仏と書いて大仏(だいぶつ)と読みますが、
そもそも大仏の定義があるって知っていますか?

 

大仏とは、ズバリ、
「一丈六尺(約4.8m)以上の大きな仏像のこと」
なのです。

 

4.8mの基準に満たないものは大仏と呼ばないかというと、
基準以下の1.5mでも3mでも、大きな仏像だと思えば、
それは大仏なんですって( *´艸`)

 

---------------------------------------------

【日本の大仏の大きさベスト10】

第1位 牛久大仏(茨城県)       120m
第2位 仙台大観音(宮城県)      100m
第3位 北海道天徳大観音(北海道)  88m
第4位 救世慈母大観音(福岡県)    62m
第5位 小豆島大観音(香川県)      60m
第6位 会津慈母大観音(福島県)    57m
第7位 東京湾観音(千葉県)        56m
第8位 世界平和大観音(静岡県)    50m
第9位 釜石大観音(岩手県)        49m
第10位 高崎白衣大観音(群馬県)   42m

---------------------------------------------

 

ちなみに、大仏の数え方も教えちゃいましょう!

「一体(いったい)」、

「一尊(いっそん)」、

「一座(いちざ)」

などがあるんですよ。

予備知識として覚えておくとよいでしょう( *´艸`)

 

 

東京日の出町に建設した大仏の名前や大きさは?

東京・日の出町の宝光寺に建設した大仏の名前は
「鹿野大仏」(ろくやだいぶつ)といいます。

 

鹿野大仏の名前の由来は、建設地である寺の裏山、
鹿野山にちなんだ名前になっています。

読み方が難しいですが、山の名前だったのですね。

 

建設地といっても、大仏建設のための各パーツは山形で製造し、
東京ではそのパーツを組み立てているんです。

 

組み立てられた青銅色の大仏は総工費4億円の大作なのです。

 

鹿野大仏のその大きさは、高さ12メートル、横幅11メートル。
台座部分を含めると高さ18メートルほどにもなるそうです。

 

あの鎌倉大仏を上回る大きさではありますが、
これでも日本の大仏の中では第30位ぐらいと、


スポンサーリンク


まだまだ中堅クラスなんですよね・・・

 

 

東京日の出町に鹿野大仏を建設したのはなぜ?

大仏って、珍しいようで結構いろんなところにあるんですよね。
全国に100か所以上、東京だけでも十数か所はあるんです。

 

たとえば、日の出町からそう離れていない日野市には、
すでに善生寺の吹上大仏(5m)があります。
また、板橋区の乗蓮寺にある東京大仏(13m)は、
鹿野大仏を大きさで上回っています。

 

これには、某野党議員の「一番じゃなきゃダメなのでしょうか?」という、

問題噴出フレーズがついつい蘇ってしまいます(;´Д`)

 

鹿野大仏建設への思いについて、宝光寺の住職によると、
「東日本大震災で亡くなった方の供養をしたい」
「東京西多摩全体の地域活性化につながり、元気になってもらいたい」
「あらたな観光資源として、外国人観光客誘致の起爆剤にしたい」

などなど、そんな思いで決めたのだそうです。

 

横から見ても下から見てもやさしいイケメンに見えるように、
特に顔の部分の制作に力をいれたということですので、
ズバリ一番の見どころは、「顔」といっていいでしょう。

 

 

宝光寺・鹿野大仏の拝観料と公開時間(営業時間)は?

鹿野大仏は2018年4月11日から一般公開が始まりますが、
宝光寺、鹿野大仏ともに拝観料は無料です。

 

大仏の公開により参拝客は激増することが予想できますが、
総工費4億円の回収や今後の維持・メンテナンス費を考えると、
お布施やお賽銭だけ回収計画を立てるのは難しいでしょうね。

 

他の大仏は数百円程度の拝観料を徴収するケースが多いですが、
東京大仏のように拝観料無料で頑張っているところもあります。

 

もしかしたら、無料は期間限定なのかもしれませんね。

 

また、営業時間は特に決めていないそうですが、
深夜の時間帯の参拝は遠慮してくださいとのことでした。

 

 

宝光寺・鹿野大仏へのアクセスは?

宝光寺の住所は、東京都西多摩郡日の出町平井3392です。

 

公共交通機関(鉄道)の最寄駅は、
JR五日市線の武蔵引田駅(2km/徒歩約25分)、
または武蔵増戸駅(2.3km/徒歩約30分)

 

バスの場合は、JR武蔵五日市駅か福生駅から乗ります。
武蔵五日市駅からは福生駅行き、
福生駅からは日の出折返場行きに乗り、
塩沢秋川霊園バス停で下車し、歩いて5分ほどで行けます。

 

車で行く場合は、高速の最寄りは日の出ICになります。
そこから2kmほどで宝光寺に行けます。
宝光寺境内の駐車場スペースはかなり広いため、
公共交通機関でなく車で行くのも問題なさそうです。

 

ただし、コインパーキングなどの代替施設は
近くにはありませんので、激混みの際はあきらめましょう。

 

 

そして、、、

宝光寺に着いてもすぐには鹿野大仏を拝むことはできないんです。
宝光寺から、さらに裏山道を1kmほど歩かなければならないのです。

 

この間のアクセスはまだ不便なようで、20~30分歩くことを
覚悟した方がよさそうですよ。

 

 

果たして、宝光寺の鹿野大仏は新たな観光資源としての
起爆剤になれるのでしょうか?

 

シャンシャンのような爆発力は期待できないでしょうけれど、
秋川渓谷も近いですし、四季折々のイベント・観光の時期は、
「鹿野大仏があるから西多摩に行こう!」
そんな効果はきっとあるでしょうね。

 

今は、参拝道が早く整備されないと、裏山道を1km歩くのは
有望なターゲットの年配者層にはキツイんじゃないかなぁ・・・

 


スポンサーリンク



スポンサードリンク
PREV:翔んで埼玉のあらすじネタバレ!実写化でもディスりまくるって本当?
NEXT:森重樹一(ZIGGI)の激変ぶりがヤバイ!wikiプロフや嫁を調査!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!