丸の内朝大学って?朝活しよう!早起きして!勉強して!友達作ろう!

朝活について、パイオニアといわれつつ今も活発な活動を続ける丸の内朝大学の話題を中心にお届けします。

意識高い系のあなたも、そうじゃないあなたも、丸の内朝大学で朝活はじめませんか?

 

こんにちは、ちゃーこさんです。

今日が初めてのブログです。

 

早起きが得意で、朝活がマイブームですので、

最初のネタは朝活にしたいと思います。

よろしくお願いします(=^・・^=)

 

 

"早起きは三文の徳"なんていうことわざがありますけど、

すでに毎日の早起きが習慣になっている人でも、

朝の時間を計画的かつ有意義に過ごせている人って

意外と少ないんじゃないでしょうか?

 

一流のビジネスパーソンよろしく、

会社に意識的に早出をして、

すがすがしい朝時間に、

他人から邪魔をされずに仕事をするのも

素敵なことかもしれませんが、

ところが、実は、帰社時間は早出前とほとんど変わっていない、

むしろ遅くなってしまった、

なんて話もよく聞きます。

 

 

やっぱり朝の時間って大切ですよね...

A

朝の時間にできることといえば、庭掃除、ジョギング、ヨガ、

読書、資格の勉強、それから・・・

最近ではお弁当作りや瞑想なんていうのも流行っていますね。

 

 

でも、どうせだったら誰かと一緒に朝の時間を過ごしたい

そんな風に思いませんか?

B

最近では、朝の時間を有効に活用する行動を朝活と呼ぶそうです。

朝活の「場」について、自分でfacebookやmeetupで探してみると、

読書界や交流会、勉強会などの情報が山ほど出てきます。

 

実際に読書会などに参加すると、

そこで自己紹介して、そこで見ず知らずの人とおしゃべりして・・・

なんて流れまでは想像できるかもしれませんが、

そんなシーンに立ち向かえる勇者はごく一握りの人だけだと思います。

 

朝活自体はもうカテゴリ化されたも同然だと思いますけど、

いきなり朝活の場に飛び込むのは、やっぱりハードル高すぎですよね(;´Д`)

 

そこで、のべ3万人超もの人が実績というレールを敷いてくれたことによって、

今では誰でも気軽に参加できる、

朝活の代名詞ともいえるような朝活団体があるのです。

 

それが、ズバリ、「丸の内朝大学」なのです。


スポンサーリンク


 

◆丸の内朝大学って?

丸の内朝大学(まるのうちあさだいがく)とは、

2009年に開校した、ビジネスパーソン向けの、

朝ちょっと早起きして通う大学なのです。

 

スタートして早7年。

週1回、朝7時過ぎから、

東京大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアに

勉学交流に励む男女が集まってきます。

 

ここではテーマごとにクラス制が設けられており、

テーマとしては例えば、まちづくりなど、

地域貢献のための企画を考えるクラス、

カメラや楽器、宇宙に触れるクラス、

歌舞伎や相撲、落語、美術品などを鑑賞するクラス、

書道や心理学や薬膳を学ぶクラス、

トライアスロンやダイエットなどのからだづくりに励むクラス、

酒、寿司、おにぎり、乾物など食材に触れるクラス、

それから阿波踊りやチアリーディングなどなど。

 

丸の内に深く関連するテーマもたくさんありますが、

何のゆかりもないテーマもたくさん、幅広く。

 

座学中心のクラスあり、

フィールドワークやグループワーク中心のクラスあり、

発表会をゴールとするクラスあり。

最近では生徒が企画を考えたクラス、

(お弁当作り、アート鑑賞、餃子づくり、など)

なんていうのもあるようです。

 

毎シーズン20~30のクラスが開催され、

生徒は各クラス30~40名(男女比は3:7ぐらい?)

が集まります。

 

講座の受講生のほとんどが働きながら通うビジネスパーソンです。

環境は違えども条件は同じですので、

通いづらいということはないと思います。

 

ほとんどのクラスは8回完結型ですが、

3~4回の短期型のクラスや、


スポンサーリンク


リピーターに向けて学期ごとに入門から中級へとステップアップしていくクラス、

過去には通年でミッチリ取り組むクラスもあるようです。

 

ちなみに、どのクラスもクラス委員(ベテラン受講生)という、

初めての人でも楽しく通えるように

クラスの運営をサポートする役割の人がいます。

クラス開催期間には、交流会や小イベントを企画したりしてくれます。

クラスによってはグループで課題に取り組んだりもしますので、

生徒同士の交流が深まること間違いなしです。

 

 

◆早起きして、丸の内朝大学で勉強しよう!

せっかく丸の内朝大学を選択しようにも、

あらかじめもっとクラスのことをよく知りたいですよね。

 

そんな時は、各クラスのクラス委員が書いた

クラス委員ブログが役に立ちます。

毎回の授業の様子だけでなく、

クラスの懇親会やイベントについてUPされていることもあるようです。

 

ブログアップの頻度やタイミングはクラス委員さん次第ですので、

ホットな情報をすぐにゲットできるクラスは当たりでしょう。

 

クラス委員ブログは、受講生が他のクラスのことを知ったり、

次の受講クラスを決めるときにも参考にしているそうですので、

意外と口コミや評判の元ネタはここに集約されていたなんて考えたら、

やっぱり気になっちゃいますよね。

【クラス委員ブログ】http://asadaigaku.jp/blog/class/

 

 

◆丸の内朝大学で友達作ろう!でも、実際に生徒同士が仲良くなれるの・・・!?

丸の内朝大学の特長として、生徒同士をニックネームで

呼び合うクラスが多いんです。

 

最初は「欧米か!」って、タカトシみたいにツッコミたいと

思いましたけど、いざ使うとニックネームって便利ですよね。

 

ニックネームで呼び合うから、世代や会社の枠組みを超えて

仲良くなれる場であることは間違いありません。

 

また、否定はしませんが、

中には婚活目的で参加している生徒もいると思います。

 

丸の内朝大学で知り合ってカップルになったり、

実際にゴールイン、

なんていう話も何組か出ていることは否定しません。

(10~20組ぐらい、ただ今年は特に多いかも)

 

ただ、受講生がのべ3万人を超えるともいわれていて

その中でのこの割合ですから、

趣味でも職場でも、

日常的に男女が出会う機会のある場でカップル成立するのと

何ら変わらないと思いますよ(;´Д`)

 

純粋に朝時間を有効に使いたい、

勉強が好き、

単に丸の内朝大学が好き(コレ、すごく多いです!!)、

という人がほとんどだと思います。

 

ですから、ガッツリ婚活狙いという人は

ハッキリ言って期待しない方がいいですよ( *´艸`)

 

ごく一部の

(多少偏見もあるかもしれませんが・・・『座学系』『ダイエット系』)クラスを除けば、

クラスが終わった後も、

OB会や他クラスと合同で飲み会を開いたり、

イベントを企画したり、

サークルを作ったりする仲間はたくさんいますので、

「友達作りにはモッテコイ」、ってところかもしれませんね。

 

男女の枠組みを超えて、一生の友といえるほどの

ガッツリ仲良くなる人に出逢えることもあるかもしれませんし、

そんな中でたまたまゴールインするようなカップルが出れば、

みんなに歓迎してもらえるでしょう(*´ω`*)

 

 

2017年12月現在、丸の内朝大学は2018年に向けて再始動しました。

大まかに分けて、

4~6月が春学期、

7~9月が夏学期、

そして10~12月が秋学期です。

 

今年度の丸の内朝大学は12月22日の終業式をもって

めでたく終了いたしました。

 

ですから、次は、2018年春学期ということになります。

 

春学期は4月開講ですが、クラスの申し込みは

3月上旬となることが多いです。

 

また、どんなクラスがあるかは2月後半にはホームページ

掲載されますのでお楽しみに。

 

おそらくこれまでには考えられなかったような、

驚きの新クラスの発表もあるかもしれませんよ(*´▽`*)

 

C

 

2018年春、あなたも丸の内朝大学、はじめてみませんか?

 

P.S

2018年3月7日、2018年春学期(19クラス+1提携クラス)が発表されました。

申込開始は3月15日(木)から、

開講日は4月9日(月)からになります。

 

詳細は丸の内朝大学ホームページを見てくださいね(=゚ω゚)ノ

 


スポンサーリンク



スポンサードリンク
NEXT:東京丸の内エリアで朝7時から行けるモーニングカフェをチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!